NEW
江間正和「飲食業界を“数字と現場”で科学する」

街中のキッチンカー・移動販売車は儲かる!30万円で開業、固定店舗のリスクを回避

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キッチンカー

 飲食店開業のコンサルティングをしていると、しばしば「キッチンカー移動販売車」(以下、キッチンカー)の起業について相談を受けます。最近のオフィス街では、カラフルなキッチンカーがカレーライスや鶏唐揚げ、角煮丼、ハンバーガー、かき氷、ピザ、串焼きなど、さまざまな食品を売っています。

 では、キッチンカーは儲かるのでしょうか? また、初期投資額や注意点はなんでしょうか? 今回は“キッチンカー請負人”こと石井浩昭氏(株式会社和空企画代表)に話を聞きました。

――キッチンカーの商売は儲かるのでしょうか。

石井代表(以下、石井) 売上は、狸の皮算用です。どこで・何を・誰が売るかによって変わってしまう不確定要素に大きく左右されるものです。儲けとは「売上-費用」ですから、売上よりは「費用が抑えられるから儲かる確率は上がる」という視点でキッチンカーの商売をおすすめしたいと思います。

 その理由には大きく分けて以下の3つあります。

(1)初期投資額が低い

 一般的に固定店舗の飲食店開業の平均開業資金は1,000万円といわれています。しかし、現在その開業資金を全額すんなりと金融機関で借りることは困難な状況です。金融機関での平均融資額は、一般的に自己資金と同額といわれています。つまり、1,000万円の開業資金をつくるためには、まず500万円の貯金をする必要があります。多くの飲食店希望者は、その自己資金をつくるために、まず5〜10年以上を費やすことになります。

 それに対してキッチンカー開業にかかる資金は、すでに使用する車両を保有している場合、最低限保健所の許可を得られる設備を整えても、30万円あればキッチンカーをつくれます。当面の運転資金を確保したとしても、100万円かからない金額で開業できます。

 もし現在車両を持っていない場合でも、100万円あればつくれます。当面の運転資金を50万円と考えると150万円あれば開業できます。この初期投資の低さこそが、最大の魅力だと思います。

(2)リスクが低い

 もし固定店舗で出店した場合には、たくさんのリスクが潜んでいます。私が厨房機器のリサイクルを通じて多くの飲食店閉店に携わった経験から言うと、「人の流れが変わるリスク」「家賃値上げのリスク」「立ち退きのリスク」「撤退時のリスク」「不可抗力のリスク」があります。

「人の流れが変わるリスク」は、隣駅で大きな商業施設が建って客足が激減したなど、特に立地勝負の飲食店において、このリスクが高いです。

街中のキッチンカー・移動販売車は儲かる!30万円で開業、固定店舗のリスクを回避のページです。ビジネスジャーナルは、連載、キッチンカー移動販売車飲食店開業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!