NEW

三越伊勢丹、Tポイント廃止の裏に社内クーデター…電撃解任の前社長の路線を全面撤回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本橋三越本店(撮影=編集部)

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は8月10日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営するTポイントの付与・利用サービスを、2018年3月末をめどに終了すると発表した。自社のエムアイカードとエムアイポイントに一本化する。

 Tポイントによる顧客データの有効活用を目的に三越伊勢丹HDとCCCが共同で設立した、三越伊勢丹Tマーケティングの提携契約も解消する。

 Tポイントのサービスを開始したのは16年5月だから、2年に満たない短命でサービスを終えることになる。

 三越伊勢丹HDでは、異例の社長退任劇があった。3月4日、伊勢丹新宿本店近くの本社の一室で、大西洋社長は石塚邦夫会長から「構造改革の混乱の責任をとって、辞めてもらいたい」と辞表提出を求められた。

 三越伊勢丹HDは同7日、本社で社外取締役を中心とする指名報酬委員会を開き、大西氏の辞任と杉江俊彦取締役専務執行役員の社長就任を決めた。その後の取締役会で正式に、この人事案を決議した。大西氏は辞任というかたちをとってはいるが、事実上の解任だ。店舗閉鎖をめぐる、旧三越と旧伊勢丹の対立という皮相的な見方もあったが、真相は“反大西派”によるクーデターだった。

 ミスター百貨店と呼ばれた大西氏の肝入りでTポイントカードは導入された。

 三越伊勢丹HDが発行する会員カード、エムアイカードの加入者は280万人。年齢層が高く、高価格帯の商品を購入するケースが多い。5500万人の会員を持つCCCのTカードはファミリーマートなどで日々の買い物で使うことが多く、会員層に違いがある。

 三越伊勢丹HDは来店客の高齢化が進むなか、Tポイントの導入で若者など顧客層の拡大を狙った。一方、CCCには会員増のメリットがあった。こうした経緯から、大手百貨店として初めてTポイントが使えるようになった。

 導入以後、三越伊勢丹HDの各百貨店は、店頭でTカードとエムアイカードを併用していた。だが、両カードの併用は消費者にわかりにくく、連携はうまく進んでいなかった。

 実は、Tカードの導入について、三越伊勢丹HD内で異論があった。Tカードは百貨店の高級路線にはそぐわないという理由からだ。だが、社内の反対を押し切り、大西氏は強引に導入を決めたといわれている。

 大西氏の失脚により、路線の見直しが行われた。そのなかで真っ先に槍玉に上がったのが、Tポイントだった。

 杉江氏はカード事業を中期成長戦略の柱のひとつに位置付けている。来年春からはエムアイカードとVISAと連携したプラチナカード、百貨店以外のチャネルで発行するクレジットカードも加え、利用できる店舗をグループ外に拡大する。

三越伊勢丹、Tポイント廃止の裏に社内クーデター…電撃解任の前社長の路線を全面撤回のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、Tポイントカルチュア・コンビニエンス・クラブ三越伊勢丹ホールディングスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!