NEW

不動の業界トップ・マツキヨ、突然3位転落の「事情」…ツルハ、1位奪取の鮮やかな戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツモトキヨシの店舗(撮影=編集部)

 ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD)は、静岡県が地盤の杏林堂薬局を子会社にする。9月下旬に親会社の杏林堂グループ・ホールディングスの株式を創業家一族から51%取得する。

 ツルハHDの2017年5月期の売上高は前期比9.4%増の5770億円、営業利益は同18.3%増の370億円。杏林堂薬局の17年4月期の売上高は同7%増の894億円、営業利益は同7%増の27億円。単純合算で売上高は6664億円、営業利益は397億円、店舗数は1832店となる。

 ツルハHD以外のドラッグストア大手の業績は次の通り。

 イオン系のウエルシアホールディングス(HD)は、17年2月期の売上高は同17.9%増の6231億円、営業利益は同28.4%増の240億円、店舗数は1535店。

 都市型ドラッグストアの草分けであるマツモトキヨシホールディングス(HD)は、17年3月期の売上高は同0.2%減の5351億円、営業利益は3.7%増の284億円、店舗数は1555店。

 東京西部で展開するサンドラッグは、17年3月期の売上高は同4.9%増の5283億円、営業利益は同3.1%増の340億円、店舗数は1070店。

 九州が主力のコスモス薬品は、17年5月期の売上高は同12.4%増の5027億円、営業利益は同19.2%増の222億円、店舗数は827店。

 ツルハHDは杏林堂薬局を子会社にすることで、売上高はウエルシアHDを抜き首位。店舗数もマツモトキヨシHDを上回り最多となる。

不動の業界トップ・マツキヨ、突然3位転落の「事情」…ツルハ、1位奪取の鮮やかな戦略のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ツルハホールディングスドラッグストアマツモトキヨシの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!