NEW

今日からできる臭い汗対策!ユニクロの下着が抜群の効果?腕・胸に制汗剤は危険

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 いよいよ夏本番。クールビズでネクタイを締めなくていいのはありがたいが、それでも暑さにまつわる問題はあとを絶たない。

 特に多くのビジネスパーソンを悩ませるのは、汗の問題だろう。汗だくな姿や脇に汗染みができている状態で大事な取引先を訪問することなど、なんとしても避けたいところだ。また、近年はスメルハラスメント、いわゆるスメハラが広く認知されてきたこともあり、自分が汗臭くないか、デオドラント対策ができているかを常に不安に思っている方も多いのではないか。

 とはいえ、汗をかくこと自体は悪いものではない。スポーツで流す汗は心地いいし、昼間にかいた汗の量に比例して夜のビールも美味しくなる。何か上手に汗をかく方法はないものだろうか。

 そこで今回、ワキガ、体臭、多汗の治療を行う五味クリニックの院長で、『ビジネスマン流 汗とにおい対策Q&A』(ユナイテッド・ブックス)など多くの著書を持つ五味常明氏に、さわやかな汗をかくための方法や、今日からすぐにできる汗対策について聞いた。

健康効果の高いサラサラ汗は「有酸素運動」と「設定温度27℃」がカギ


 まず「汗対策をするうえで一番大事なのは、サラサラ汗をかけるようになること」と五味氏は語る。

「汗というものは、実は血液からつくり出されているのです。血中の液体成分である血しょうを汗腺でくみ取り、ミネラルなどのさまざまな成分を濾過して血中に戻した後、水分のみを排出したものが汗です。そしてこのとき、濾過が滞りなく行われて、限りなく水に近くなったものをサラサラ汗と呼びます。汗は気化することで体温を下げるためにつくられるわけですが、サラサラ汗は小粒なので蒸発の効率がよく、体重70kgの人であれば、ほんの100㏄程度の発汗量で体温を1℃下げられます。また、成分もほとんど水であるため、臭いはほぼしません。

 反対に濾過があまりうまくいかず、さまざまな成分の混じった汗をベタベタ汗と呼びます。ベタベタ汗は固まって大粒になりやすいので蒸発の効率が悪く、どうしても発汗量が多くなってしまいます。そして血中の老廃物などが残っていることが多いので、特有の臭いもしてきます」(五味氏)

 つまり不純物の少ないサラサラ汗をかける体になれば、結果的に発汗量自体も少なくなるうえ汗臭さも解消される、ということか。また、サラサラ汗をかけるようになれば、それだけで健康効果も高いと五味氏は続ける。

今日からできる臭い汗対策!ユニクロの下着が抜群の効果?腕・胸に制汗剤は危険のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、イオンクールビズユニクロの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事