NEW
永濱利廣「“バイアスを排除した”経済の見方」

アベノミクスで財政再建は失敗していない…PB赤字=財政危機とは限らず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安倍首相(つのだよしお/アフロ)

プライマリーバランス赤字=財政危機とは限らない


 結論としては、日本の財政再建はアベノミクス以降失敗しているわけではないが、それまで名目成長率が極端に低かったことが、高水準な政府債務残高/GDPをもたらしたと考えられる。

 まず、日本の財政再建が失敗し続けているといわれる背景には、高水準の政府債務残高/GDPの存在がある。実際、同指標をG7諸国で比較すると、日本の水準が断トツに高い。こうしたなかで、フローの政府債務残高/GDPといわれる財政収支/GDPの推移をみてみよう。

 特に日本の政府債務残高/GDPが急上昇した2000年代以降についてみると、むしろ2000年代半ばから2010年代前半にかけては、日本よりも米国の財政収支/GDPの赤字幅が大きいことがわかる。



 また、G7諸国における経済成長率の推移を比較しても、2000年代前半はむしろ日本よりドイツのほうが低いことに加え、2010年代前半も欧州債務危機の影響を受けたイタリアの経済成長率が極端に低く、G7諸国のなかで日本が極端に低いわけではないことがわかる。

 それに対し、政府債務残高/GDPの分母となる名目経済成長率をG7諸国で比較すると、特に政府債務残高/GDPが急上昇した2000年代~2010年代頭にかけて、日本の名目成長率が圧倒的に低いことがわかる。





 特に、G7諸国のプライマリーバランス比較には多くの示唆がある。注目すべき点は、名目GDP比で比較すると日本が比較的赤字幅が大きいことがわかるが、一方で、黒字化を維持している国はドイツとイタリアしかないことである。プライマリーバランス赤字国で財政危機が起きていない一方で、プライマリーバランス黒字国であるイタリアがもっとも財政不安が高いことからすると、プライマリーバランスで判断してもその国の財政が危険かどうかは明確に判断できない。これは重要なポイントである。


デフレ脱却が遠のく恐れも


 また、1990年代以降の欧米諸国の財政赤字削減に向けた積極的な取り組みによって、90年代後半に欧米諸国の財政収支が大きく改善したという指摘がある。実際に、米国の財政収支は90年代末に、約四半世紀ぶりに黒字化している。

アベノミクスで財政再建は失敗していない…PB赤字=財政危機とは限らずのページです。ビジネスジャーナルは、連載、GDP日銀財政再建の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事