NEW

最強ブエナビスタの仔「阪神JF(G1)」獲りへ!「阪神2歳女王一族」ソシアルクラブ史上初・母子3代の「同一G1制覇」なるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最強ブエナビスタの仔「阪神JF(G1)」獲りへ!「阪神2歳女王一族」ソシアルクラブ史上初・母子3代の「同一G1制覇」なるかの画像1
ブエナビスタ(JBISサーチ公式サイトより)

 今年の2歳女王決定戦「阪神JF(G1)」には23頭が登録。現時点で賞金400万円12頭のうち8頭が抽選で出走可能となっている。

 過去にも2006年ウオッカ、2008年ブエナビスタ、2011年ジョワドヴィーヴルなど抽選を通過した馬が女王の座を掴んでいるように、抽選滑り込み出走馬の存在は無視できないものとなってきている。

 そんな抽選対象の馬の中で特に注目したいのは、名牝ブエナビスタの仔ソシアルクラブ(牝2歳、栗東・池添学)だ。

 母ブエナビスタは牡馬混合を含むG1競走6勝を誇る名牝。父キングカメハメハはディープインパクトと並ぶ名種牡馬と、馬自身の潜在能力の高さは疑いようがない。

 そんな同馬は、期待されたデビュー戦で強烈な走りを披露。直線で外へ出されると、驚異的な追い込みで差し切り快勝した。ライバルたちを蹴散らした豪脚は、間違いなく世代トップクラスと言えるだろう。早くもクラシックを意識する声が上がっていることにも納得だ。

 現時点で注目を集めることも当然だが、阪神JFと「好相性の一族」である点も大きなポイントである。

 先述したように母ブエナビスタは抽選を通過し同レースを制覇。同じく叔母ジョワドヴィーヴルも1戦1勝で挑み女王の座を射止めている。さらに祖母は阪神JFの前身である「阪神3歳牝馬S」を制したビワハイジという、まさに筋金入りの「阪神2歳女王一族」なのだ。

最強ブエナビスタの仔「阪神JF(G1)」獲りへ!「阪神2歳女王一族」ソシアルクラブ史上初・母子3代の「同一G1制覇」なるかのページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、ソシアルクラブブエナビスタ阪神JF(G1)の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!