NEW

天皇賞・春(G1)レインボーライン「悪いジンクス」打ち破れる? 才能開花で混戦を断つ?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞・春(G1)レインボーライン「悪いジンクス」打ち破れる? 才能開花で混戦を断つ?の画像1

 今週末に開催される天皇賞・春(G1)は、出走メンバーの中で唯一のG1勝馬であるシュヴァルグランの1強状態ともいわれている。だが、その前評判を覆す走りを期待されているのが、レインボーライン(牡5歳、栗東・浅見秀一厩舎)だ。

 前走の阪神大賞典(G2)では、岩田康誠騎手を背に4コーナー手前から先頭集団を急襲する早仕掛けを見せ、最後の直線では勢いそのまま上がり最速35.8秒の脚を発揮。有力視されていたクリンチャー、アルバートらを抑えて、3歳春のアーリントンC(G3)以来の勝利を上げた。

「レインボーラインは一昨年前の菊花賞(G1)で9番人気だったにもかかわらず、サトノダイヤモンドに最後まで食い下がる堂々たる2着。以前からステイヤーの才能の片鱗を見せていました。そして、前走の芝3000mのレースで名だたる長距離巧者たちを抑えて見事に快勝し、ついに潜在能力がついに完全に開花した感があります。今回も好走が期待できそうです」(競馬誌ライター)

 今年の天皇賞・春はいつになく出走メンバーが不作ともいわれている。展開次第ではレインボーラインのG1初戴冠も夢ではないだろう。だが、少しだけ気にかかる点もあると話すのは別の記者。

天皇賞・春(G1)レインボーライン「悪いジンクス」打ち破れる? 才能開花で混戦を断つ?のページです。GJは、競馬、レインボーライン天皇賞・春の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!