NEW

中西・日立会長、安倍首相を批判…企業への賃上げ介入に「賃金は労使で決めるもの」と不快感

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経団連の次期会長に内定した中西宏明・日立製作所会長(写真:東洋経済/アフロ)

 5月末に退任した日本経済団体連合会の榊原定征・前会長は、経団連の地位をずいぶん下げた。「安倍晋三首相のポチ」と呼ばれ、「政府と経済界は自動車の両輪」がモットーだった。ちなみに、亀井静香・元代議士は最近、安倍首相に会い「トランプ大統領のポチになるな」と忠告した。

 一般的に秘書上がりの経済人は、どうしても協調型となり権力者に弱い傾向がある。榊原氏は、東レの前田勝之助社長の秘書になったことが出世の糸口となったが、安倍首相との関係において秘書上がりの欠点をさらけ出したといえる。

 5月22日付読売新聞にある「積極的な賃上げや企業献金の再開を通じて安倍政権との関係強化を果たした」との評価は、ずいぶんと好意的な見方だ。反対に、「安倍政権に経団連は隷属したにすぎない」との辛口の批判もある。

 榊原氏のコメントは常に、安倍政権が打ち出す政策の追認ばかりだった。経団連の存在意義は薄れ、その結果、情報の発信力は極端に落ちた。安倍首相が賃上げの旗を振る「官製春闘」に全面協力したことは、禍根を残した。

 そもそも賃上げは労使で決めるもので、これが基本ルールだ。安倍首相に賃上げの「%」(パーセント)まで指示されるようになっても、一切反論めいたことを言わなかった。日本商工会議所、経済同友会の両トップは「官製春闘」に疑問を呈してきたが、榊原氏は、唯々諾々と安倍首相に付き従った。

 5年間中断していた企業献金への経団連の関与を決めたのも榊原氏だった。政権との関係を重視するあまり、「物言う姿勢」は影を潜めた。安倍首相が2度にわたって消費税率の引き上げを延長したが、榊原氏は結局、延期容認だった。

 経団連は長年、財政再建の必要性を強調してきた。だが、榊原氏から財政再建への熱意は感じられなかった。

 ほとんど表には出なかったが、経団連の副会長の間から「配慮というより、安倍首相への遠慮。これでは経団連の会長などいらない」といった痛烈な批判が起きた。

 子育て支援のために安倍首相が求めた3000億円の企業拠出をあっさり引き受けた際には、経済・産業界をあきれされた。日本商工会議所の三村明夫会頭は、「応じられない」と言い切った。

 榊原氏は安倍首相の外遊にも付き従い、4年間に29回海外に出掛けている。米国にも8回、経済ミッションを派遣したが、そのミッションも榊原氏本人もドナルド・トランプ大統領には、結局、会えずじまいだった。通商政策をめぐる米国側の強硬姿勢に有効な対策を打ち出せなかった。

中西・日立会長、安倍首相を批判…企業への賃上げ介入に「賃金は労使で決めるもの」と不快感のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、中西宏明会長安倍晋三日本経済団体連合会の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事