NEW
山崎将志「AIとノー残業時代の働き方」

都立の杉並高校吹奏楽部が、全国大会の常連校になれた秘密

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
都立杉並高校吹奏楽部のツイッターアカウントより

全国大会常連の公立吹奏楽部の不思議

     
 ある週末の夜にテレビを見ていたら、高校生の吹奏楽部が演奏している様子が流れてきました。3分ほどの演奏でしたが、これは音楽の演奏を超えて、完全にエンターテインメントでした。総勢100人を超えるビッグバンドが、演奏しながら、野球場のスタンドで観客がするようなウェーブをしたり、ステージ後方でホルンなどの大型管楽器を持った複数のプレーヤーが一列に縦に並び、タイミングをずらして上半身だけを回転させたり、1メートル四方もありそうな大きな旗を投げて隣のメンバーとキャッチしあうような演技があるなど、本当に感動的でした。

 これは都立杉並高校の吹奏楽部によるパフォーマンスでした。調べてみるとこの吹奏楽部は全国大会の常連校で、グランプリを受賞したこともあるほどの実力校でした。

 私は吹奏楽部に所属したことがありませんし、時代も違うので内情はよくわかりませんが、私の持っている高校吹奏楽部のイメージは、譜面どおりに正しく演奏する、ミスしないようにする、発表会になるとみんなガチガチに緊張した様子で演奏するという印象です。しかしこの吹奏楽部が重視していることは「いかに観客を楽しませるか」という点のように見受けられました。人を楽しませる演奏をするためには、ミスせず譜面どおりに演奏することは目標ではなく、前提条件となるはずです。

 さて、この吹奏楽部は、なぜこのような高いレベルのパフォーマンスを何世代にもわたって続けることができるのでしょうか。高校の吹奏楽部だということは、メンバーが毎年入れ替わります。いくらスーパープレーヤーがいたとしても、最大3年間で卒業してしまいます。私立高校ならば、すでに中学時代に出来上がっている演奏者だけを集めたチームをつくることもできるでしょうが、この高校は公立高校です。吹奏楽推薦入学というのもあるようですが、年に数名だそうで、全部で100名を超える部員数を考えればほんの一部です。

 ということは、この吹奏楽部のレベルが高いのは一部のスタープレーヤーの力ではなく、3年以内に全国トップクラスのメンバーになれる人材を育てる仕組みを持っている、ということです。

都立の杉並高校吹奏楽部が、全国大会の常連校になれた秘密のページです。ビジネスジャーナルは、連載、全国大会公立吹奏楽部都立杉並高校の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事