NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシックオーケストラが、リハーサル終了時間を“絶対にオーバーしない”理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

“イタリア人の家に招待されて約束の時間に行ってみると、まだその家の奥さんは頭にカーラーを巻いていた”という冗談のような話は、都市伝説のようによく耳にするのですが、いずれにしてもヨーロッパでは、約束の時間よりも少し遅く行くのがエチケットとされる国が多いのです。その時間の塩梅は国々によって違うので、実際に住んでみて何度も失敗を重ねないとわからないと思います。

 日本人のように、時間に対してきっちりとしている国なんて、世界的に見ても珍しいといえます。鉄道に乗っていて、「前を走っている電車のトラブルにより、2分到着が遅れました。大変申し訳ございません」といったアナウンスは、日本以外では聞いたことがありません。

世界各国のオーケストラの時間感覚

 では、各国のオーケストラの時間感覚は、どうでしょうか。

 これは意外にも、どの国のオーケストラの楽員でも、開始時刻には全員席に着いているのです。たとえば、午前10時にリハーサル開始ならば、10時ちょうどに音合わせのチューニングのためのオーボエのA(ラ)の音が鳴り響き、すべての楽員が音を合わせます。そして、指揮者の指揮によってリハーサルが始まります。

 僕が副指揮者を務めていたロサンゼルス・フィルハーモニックでは、「チューニングの時間が仕事開始時である」と、掲示板に公式文書として貼られていました。

 そもそも、オーケストラは楽員全員が一緒に音を出す必要があり、ひとりでも抜けると練習になりません。たとえば、フランスの作曲家、ドビュッシーの『「牧神の午後」への前奏曲』は、フルートのソロで始まることで有名ですが、フルート奏者が遅刻したとしたら、リハーサルを始められなくなります。これは極端な例としても、ひとり欠けても、いろいろなところで差し障りが出ます。わかりやすく言うと、陸上競技の400mリレーを、一人欠いて練習するようなものです。

 とにかく、楽員にとって遅刻するのは大問題です。何があっても時間通りに楽譜の前に座っている必要があるので、1時間も前から職場に到着している楽員も珍しくはありません。交通事故に巻き込まれたといった、よほどのことがない限り、遅刻はないのです。

クラシックオーケストラが、リハーサル終了時間を“絶対にオーバーしない”理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事