NEW

ツタヤTV、悪質な虚偽広告で39億円荒稼ぎ…非公開のCCCの「利益」明らかに

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「TSUTAYA TV」より

 DVDレンタルや書籍販売のTSUTAYA(ツタヤ)が展開する動画配信サービス「TSUTAYA TV」で、全作品を見放題であるかのように宣伝したのは虚偽であり、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして消費者庁は2月22日、ツタヤに課徴金1億1753万円の納付命令を出した。

 同庁表示対策課によると、ツタヤは2016~18年、ホームページや動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で、「動画見放題」「動画見放題&レンタル8」「TSUTAYA プレミアム」の3つのプランについて、すべての作品が見放題であるかのように宣伝した。しかし、実際に見放題なのは全作品のうち最大で27%で、新作は月平均2本しか見ることができなかった。

 消費者庁は18年5月、再発防止を求める措置命令を出した。16年4月~18年5月、映画など約3万2000作品を配信し、動画見放題をうたっていたが、見放題なのは最大で約8000作品だけ。「人気ランキング」で1~10位を占めた全作品、新作や準新作の9割超が対象外となっていた。

 課徴金の額は、ツタヤが違法表示を対外的に認めるまでの売り上げの3%と規定されている。この期間の「TSUTAYA TV」の売り上げは約39億円だった。

 ツタヤを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、「見放題」を導入したのは15年8月31日。映画やドラマ約5万本を配信する「TSUTAYA TV」は月20本の視聴が上限だったが、「見放題」で月額933円(税別、新作2本まで)のプランを開始した。宅配レンタルと組み合わせたプラン(2417円)では、配信に対応していない作品を含め約30万本を利用できる。

 世界で6500万人が利用する米ネットフリックスが15年9月に日本に上陸したことをツタヤは強く意識したようだ。ネットフリックスはフジテレビと提携してオリジナル作品を配信している。

 ネット通販の米アマゾン・ドット・コムも、同年9月から有料会員向けに追加料金なしの動画見放題の提供を始め、有料会員向けサービス「Amazonプライムビデオ」が動画配信サービスで首位を走る。

ツタヤTV、悪質な虚偽広告で39億円荒稼ぎ…非公開のCCCの「利益」明らかにのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、AbemaTVAmazonプライムビデオDAZNTSUTAYA TVの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事