NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

『ガンダム』第1作は低視聴率で打ち切り…巨大ビジネスに大化けした経緯は示唆に富む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京・お台場に展示されていた等身大のガンダム(「Getty Images」より)

 令和元年は今や伝説的アニメとなった『機動戦士ガンダム』(テレビ朝日系ほか)が世に出てから40周年になるらしい。

 日本サンライズにより制作された『ガンダム』は、1979年に放送が始まった。当時、小学生だった筆者は、この時のことをしっかりと記憶している。『ガンダム』の放送開始以前、夕方のこの時間帯は楽しいロボットアニメが続いていた。毎回、新たな敵が現れ、紆余曲折を経て、最後には正義の味方である主人公の勝利で終わるという極めて単純な構図だったが、小学生の筆者には非常に楽しい一時であった。

 しかし、ガンダムはまったく異なっていた。重苦しいオープニング、「ジオン公国」といったセリフにまったくついていけず、楽しいロボットアニメの時間は終わってしまった。「何がガンダムだ」と、ずいぶん恨んだものだ。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』(大﨑孝徳/日本実業出版社)

 筆者に限らず、多くの小学生は同様の感想を持ったようで、視聴率は低迷し、当初52話の予定が43話に短縮されている。それもそのはず、ガンダムは中学生以上をターゲットとして制作されていた。中学生にすら難しかったのではないかとも思えるが。

 視聴率と呼応し、ガンダムに関連する子供向け玩具はまったく売れず、スポンサーである玩具メーカーは売上アップを目指し、ストーリーや登場人物やロボットなどにも大いに干渉したようである。このような干渉に対して、アニメ制作スタッフがスポンサーの気分を害すことなく、それでもガンダムの世界観を死守するために悪戦苦闘したという話は大変興味深い。

 こうしたスタッフの努力により、従来、単なる子供の娯楽にすぎなかったロボットアニメのジャンルにおいて、ガンダムでは単純な善悪を超えた複雑な人間ドラマ、主人公の成長など、独自の世界観が描かれた。

 後に、このような世界観は多くの中高生を魅了することとなり、再放送および映画における大きな成功につながる。さらには、“ガンプラ”と呼ばれるガンダムに関連するプラモデルは爆発的な売り上げとなった。

 40年を経た今でもなお、関連するアニメが新たに制作、放送され、ゲームやプラモデルなど、大きな市場となっている。よって、一般にはガンダムはビジネスとしても大いなる成功を収めたアニメと捉えられている。

『ガンダム』第1作は低視聴率で打ち切り…巨大ビジネスに大化けした経緯は示唆に富むのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事