NEW

慶應大、事件続発の裏に“選民意識”?超裕福学生たちの驚愕の実態、体育会の特殊事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】慶應大、事件続発の裏に選民意識?超裕福学生たちの驚愕の実態、体育会の特殊事情の画像1
慶應義塾公式サイトより

 慶應義塾大学アメリカンフットボール部「慶応ユニコーンズ」が10月15日、無期限活動自粛を発表し、波紋が広がっている。活動自粛の理由について、「部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため」としつつ、「教育的観点およびプライバシー保護の観点から、詳細は公表いたしかねます」と事実関係を隠したことから、さまざまな憶測を呼ぶことになった。

 一部メディアでは、アメフト部が8月に合宿を行った際に複数の部員が女子マネージャーたちの入浴姿を盗撮して、SNSなどで拡散したことが原因ではないかと報じられている。

 これを受けて、「また慶大か」「今までも慶大は加害者を厳しく処罰してこなかったから、同じようなことが繰り返される」といった批判がインターネット上を中心に繰り広げられている。

 慶大の学生による犯罪がほかの大学に比べて多いかどうか、実態はわからない。確かに慶大生の犯罪に関する報道はよく見かけるが、ほかの大学に比べて知名度が高いこともあり、事件が報じられやすいという側面はあるだろう。また、全国の大学別の犯罪等の件数がリスト化されているわけでもないので、一律に比べることもできない。

 だが、同程度の知名度がある早稲田大学をはじめとする他の東京6大学などと比べても、事件報道は多いといえるだろう。特に性犯罪の多さは慶大のイメージを貶めているといえる。

 ではなぜ、慶大で事件が相次いでいるのか。

 よくある指摘のひとつに、慶大には、いわゆる“ボンボン”が多く、甘やかされてきた人間が多いから、というものがある。これは事実なのか。ある慶大OBは、部分的に認めつつも、その考え方自体は否定する。

「慶應義塾は、幼稚舎(小学校)から入り大学まで進んだ人と、大学から受験して入った人では、まったく“派閥”が異なります。幼稚舎は、確かに“お受験”する子供もがんばらなくてはなりませんが、親の“資力”も重要になります。小学1年から大学までの16年間の学費をまかなえるだけの十分な収入・資産があることを証明しなければ、入学はできません。特に横浜初等部の授業料は、一般的な私立小学校と比べても極めて高額で、日本一高いといわれています。そのため、政治家や会社社長、医師、芸能人、スポーツ選手といった高所得者の子どもが必然的に多く集まっています。

 つまり、裕福な家庭の子が多い、というのは事実です。何不自由ない環境下で甘やかされてきた人が多いとも感じます。しかし、裕福な家庭で育った人はモラルが低いのかといえば、そうではないと思います。むしろ、ルールやマナーを守ることをしっかりと教えられてきた人のほうが多いのではないでしょうか」

 では、ほかに原因があるのだろうか。別の慶大OBは、友人関係によって大きく変わるとの見方を示す。

慶應大、事件続発の裏に“選民意識”?超裕福学生たちの驚愕の実態、体育会の特殊事情のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事