NEW

あいちトリエンの逆襲…クレーマーの恫喝音声&メール、「ネット上で公開」が普及か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あいちトリエンナーレ2019 慰安婦少女像の展示を中止(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

人を脅せば、逮捕される

 いわゆる「電凸(でんとつ)」や、SNSによるクレームがやまない。

 昨今、世間の耳目を最も集めた電凸事件は、国際芸術祭・あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」に対するものだろう。電話やFAX、電子メールなどによる抗議が芸術祭事務局に押し寄せ、なかには、企画展で展示されていた慰安婦問題を表現した「平和の少女像」を、「大至急撤去しろや、さもなくば、うちらネットワーク民がガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」という、テロを予告するFAXまで送られてきたのだという。8月2日のことだった。もはや「抗議」の範疇を超え、脅迫もしくは威力業務妨害に相当する犯罪行為である。

 前月の7月18日、京都市伏見区の「京都アニメーション」で発生したばかりの放火殺人事件を模倣するかのような脅迫を受け、8月1日に始まったばかりの企画展は、3日間開催したところで中断へと追い込まれる。

 ちなみに、この脅迫FAXを送った人物は後日特定され、8月7日、威力業務妨害容疑で逮捕されている。報道によれば、FAXは愛知県内のコンビニエンスストアから送られており、同店舗の防犯カメラにこの人物の姿が映っていたことから、犯人を特定。逮捕に至ったのだという。しかし、脅迫はこのFAXだけではない。愛知県の担当部署や秘書課には、

「県庁などにサリンとガソリンをまき散らす」

「県内の小中学校、高校、保育園、幼稚園にガソリンを散布して着火する」

「愛知県庁職員らを射殺する」

といった、脅迫FAXに勝るとも劣らない物騒かつ悪質な脅迫メールが770通、届いていたのだそうだ。愛知県ではこちらの件でも警察に被害届を提出し、受理されている。ただ、こちらの脅迫行為に関しては、報道機関による続報が見られない。捜査の進捗はどうなっているのだろうか。

 企画展が中断された後、設置された「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」(以下、検証委。座長は山梨俊夫・国立国際美術館長)が9月25日に公表した中間報告によれば、芸術祭事務局や県庁が受けた抗議は、8月1日から同月31日までの1か月間で1万379件に及び、その内訳は電話が3936件、メールが6050件、FAXが393件。先に挙げた脅迫メールもこの数の中に含まれていると思われるが、言うまでもなく「抗議」と「脅迫」は明らかに次元が異なる行為だ。中間報告では、「高性能な爆弾を仕掛けた」という脅迫まであったと記されている。このケースにしても、威力業務妨害以外の何ものでもない。

 こうした脅迫犯が逮捕を免れる理由は何もない。先に控える東京オリンピックや大阪万博等の大規模イベントで模倣犯が現れることを未然に防ぐためにも、一刻も早く立件し、厳罰に処すことが望まれる。

あいちトリエンの逆襲…クレーマーの恫喝音声&メール、「ネット上で公開」が普及かのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事