NEW

炎上のなでしこ寿司店長、謝罪と誤解への反論…「女性職人が稼げる社会をつくりたい」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】炎上のなでしこ寿司店長、謝罪と誤解の反論…「女性職人が稼げる社会をつくりたい」の画像1
千津井由貴さん

 厳しい男性職人の世界として知られる寿司店。そんな世界の中、女性寿司職人たちが色鮮やかな和装と、独自の飾りつけで江戸前寿司を提供して注目を集めていた「なでしこ寿司」(東京・秋葉原)が、このほどTwitter上で炎上した。炎上の渦中にある同店店長の千津井由貴さんに今後の方針などについてインタビューした。

炎上の経緯と現状

 職人とお客のコミュニケーションに重きを置いてきた同店は、「職人と従業員の全員が女性の寿司専門店」を目指して2010年9月にオープン。これまでも「板場に立つには10年必要。小娘が!」「カウンターは伝統の技を披露する職人の舞台」「女は体温が高いし、生理もあるから握るな」などといった批判にさらされながら、独自のスタイルを築き上げ、国際的な著名人が訪れたり、海外のマスコミに取り上げ られたりする人気店になった。

 炎上の発端は、ハフィントンポストに25日付で掲載された『「生理が味覚に影響」「化粧がつく」……。差別や偏見を乗り越え、ある女性が寿司職人を続ける理由』と題した記事と関連動画が公開されたことだった。

 ネット上では、過去のメディア掲載記事や画像を探し出し「着物の袖がまな板についている」「指にばんそうこうをつけたまま寿司を握っていた」などと衛生面を指摘する声や、同店の宣伝ツイートに「永谷園や他の寿司店の寿司画像が盗用されている」といった批判が次々となされ騒動は拡大した。

 8日、同店を取材で訪れた際も固定電話はひっきりなしに鳴り続けていた。店が使用しているインターネット予約サイトでは偽の大人数予約がされたり、千津井さんあてに卑猥な内容のメールが送り続けられたりしていた。

【千津井さんのインタビュー】

――今回の炎上に関してご見解をお聞かせください

千津井由貴氏(以下、千津井) まず、最初に謝罪させていただきます。「袖がまな板についている」という指摘の件に関しましては、私が見栄えを重視してしまいました。和服の間から肌着(Tシャツ)が見えてしまうため、すこし袖を下げていたこともあり、それに関しまして自分の不注意、認識不足や衛生面での優先事項が欠落していました。常連の方、心配してくださった周りの方にご心配をおかけしてしまったことを深くお詫びを申し上げます。

 7日、千代田区の保健所の方がいらっしゃいました。保健所にも抗議電話が殺到したそうです。袖の件に関して指導を受けました。ほかのネット上での指摘に関して指導はありませんでした。これらに関しては以前、保健所から大丈夫との確認を頂いています。今後はより気を引き締めていこうと思います。

 過去のツイッターなどで画像を無断転載していたことや、「お客様とのお散歩サービス」の2点に関しては、前の会社の運営によるものでした。店は2015年にオーナーと親会社が変わり、新体制になりました。しかし、前の会社からひきずっていた一部の投稿などに関して、私が気付かずに対処していなかったので、このような騒ぎになってしまいました。

炎上のなでしこ寿司店長、謝罪と誤解への反論…「女性職人が稼げる社会をつくりたい」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事