NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

プーチン、歴史的な大失態か…中露・巨大ガスパイプライン開通がロシア経済を傾ける

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中露パイプライン「シベリアの力」 天然ガスを輸送(写真:新華社/アフロ)

 ロシアと中国は12月2日、両国を結ぶ初の天然ガスパイプライン「シベリアの力」を開通させた。パイプライン開通の記念式典にはロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席がテレビ会議を通じて参加し、両国の親密ぶりをアピールした。

 このパイプラインは全長約3000km。東シベリアのチャヤンダ・ガス田から当初は年間50億立方メートル、全線が稼働する2025年には年間380億立方メートルの天然ガス(日本の年間消費量の3分の1)が中国へ供給される見込みである。当面は吉林省と遼寧省までの開通だが、最終的には北京や上海までパイプラインが整備されることになっており、これによりロシアはドイツに次ぐ第2位のガス輸出先を確保することになる。両国間の契約によれば、シベリアの力は今後30年間で合計4000億ドルの収入をロシアにもたらすことになっている。

 プーチン大統領は式典に際し、「世界のエネルギー市場にとって、そして何よりも両国にとって歴史的な出来事だ」とその意義を強調した。12月3日付ニューズウィークが『ロシアと中国、パイプライン開通で米国に対抗』と題する記事を掲載したように、世界のメディアも一様に「プーチン外交が再び勝利した」と称えている。

ロシアは今後多額の負債を抱える

 だが、エネルギー専門家の見方はまったく違っている。ロシアのエネルギー専門家は「プーチン大統領はロシアの面子を保とうとするあまり、今後多額の負債を抱えたことになった」と酷評しているが、どういう意味だろうか。

 思い起こせば、2014年5月のロシアをめぐる国際環境は最悪だった。ロシアによるクリミア併合を理由に欧米の制裁が同年3月に科され、ロシアは国際社会で孤立する事態となっていた。この状況を打開するためにプーチン大統領が切ったカードは「中国への接近」である。

 同年5月に中国を訪問したプーチン大統領は、10年近く難航していた中国との天然ガスパイプライン契約を妥結に導いたが、交渉妥結にとって最大の障害であった天然ガスの供給価格についての発表はなかった。一部の専門家の間で流布している供給価格は、ロシア側が流している総額4000億ドルという数字を10年間に供給される天然ガス量(1兆1400億立方メートル)で割ることで算出されたものにすぎない。

 2019年8月にロシア・エネルギー省幹部が「天然ガス供給契約に関する技術的問題については合意に至ったが、価格については協議を継続している」と述べたように、契約合意から5年を経過してもなお価格交渉が継続しているのである。

プーチン、歴史的な大失態か…中露・巨大ガスパイプライン開通がロシア経済を傾けるのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事