NEW
ジャーナリズム

東京・小池都知事、「公約達成ゼロ」でも今年再選確実の情勢か

文=小川裕夫/フリーランスライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年 東京消防庁「出初め式」(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

 小池百合子東京都知事は7月30日に1期目の任期満了を迎える。先の都知事選では、築地市場の豊洲市場への移転見直しや東京五輪開催費用の負担見直しなどを大々的に主張。前岩手県知事の増田寛也氏やジャーナリストの鳥越俊太郎氏などを破り、当選を果たした。都知事選中から世間は小池フィーバーに湧いた。その勢いを駆って、当選後に小池知事は希望の党を旗揚げ。旧民進党の議員も取り込み、自民党の対抗勢力として衆院選に臨んだ。

 小池知事は東京都という首都を掌握したという自負を抱き、政界に隠然たる力を打ち込むべく、知事という職にありながら国政にも勢力を築こうとした。そうした思惑を見透かされ、小池フィーバーは急速にしぼむ。結果、衆院選は自民党に惨敗した。野望を打ち砕かれた小池知事は「ガラスの天井」という敗戦の弁を述べて、都政に専念することを宣言。しかし、すでに求心力を失った小池知事は、都政でも迷走を始めていた。

 築地市場の豊洲移転見直しも延期しただけで成果は挙げられず、混乱を招いただけだった。東京五輪の負担軽減もできず、それどころか暑さ対策の失敗により、マラソン・競歩は札幌に開催地を奪われるという失態を演じた。そのほか、花粉症ゼロといった公約も達成できるどころかロードマップを示す見通しもない。待機児童ゼロや電柱ゼロといった小池都知事が掲げた「7つのゼロ」は、達成がゼロという悲惨な結末を迎えようとしている。

「小池都知事が再選に意欲的なのは当然。誰の目からも明らか」(都庁職員)とのことだが、選挙は水モノ。風向き次第で一気に形勢が逆転することもある。2020年の都知事選に小池知事が出馬すれば、当然ながら小池知事の苦戦は必至だ。落選する可能性も否定できない。

自民党へのすり寄り

 だが、戦後、現職都知事が出馬して負けた例はない。史上初の女性都知事という栄冠を手にした小池知事は、「現職で初めて都知事選に負ける知事」という汚名を着る可能性も囁かれていた。

 焦点になるのは、多くの固定票を持つ自民党の動向だ。16年の都知事選で自民党は独自候補を擁立したが、大半の議員が離反した。自民党の分裂選挙になったというのも小池氏当選の要因になったが、20年の都知事選で自民党が分裂する気配はない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事