あの人気ユーチューバー、実は某企業の脚本・制作だった!勝手にスポンサー募集で規約違反の画像1
「現役看護師ゆり」公式ホームページより

 チャンネル登録者数10万人の有名医療系YouTubeチャンネルが炎上している。ユーチューバーの「現役看護師ゆり」が自身の動画上で、「スポンサー」を募集し始めたのだ。YouTube規約では、チャンネル独自のスポンサー募集を禁止している。炎上後に突如、出現した運営会社が事の経緯を説明し始め、個人チャンネルではないことも判明。波紋が広がっている。

 事の発端は、7日にアップされた動画『ゆりchをスポンサー支援して下さる方を募集中です!』だった。動画では「チャンネルの規模を大きくして、いろんなことにチャレンジ、挑戦していきたい」などとYouTube上の広告収入以外に独自スポンサーを募集することを発表した。「協賛金の返礼として、動画冒頭と概要欄で、御社のサービスを紹介させて頂きます!」としており、明確に広告受注の方針を示した。同チャンネルの公式ホームページ(HP)上では、3コースの料金が掲げられている。

「プランA:19800円(動画冒頭部での紹介+リンクや紹介文を、概要欄へ記載)」

「プランB:24800円(プランA+動画の末尾でもお礼のメッセージ)」

「プランC:29800円(プランB+コメント欄でもお礼の固定メッセージ)」

「物乞いでは?」と批判

 これに対して、インターネット上では「物乞いするとは思っていなかった」「具体的な目標もないのに金寄越せって」「プラットフォームにただ乗りした上、広告を直にやり取りするのはネットビジネスのマナーとしてどうなのか」など、批判が殺到する事態になった。

 同チャンネルでは、これまで九州地方の病院で勤務する現役看護師のゆりさんが、医療従事者ならではの業界裏話や最近の医学的な知識などを平易にわかりやすく解説し人気を博していた。「病院で使う医療職の略語!いくつ知ってますか?」「医療従事者だから分かる、医療ミスの実態」といった硬派な企画から、「男にこそ見てほしい、生理の裏事情」「看護師の給与明細見せちゃいます」という自身のプライベートをさらけ出した話題まで幅広く網羅し、公式Twitter上などで同業者や看護学生などの共感を得ていた。

実は企業が運営するチャンネルだった

 ところが炎上騒動を受けた15日、「今までみなさんにハッキリと言ってなかったことを伝えます」と題した動画が掲載され、ゆりさんのこれまでの話や企画はすべて運営会社が脚本をつくり、組織として運営していたことを明らかにした。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ