NEW
ジャーナリズム

ポルトガル・ファチマに出現した聖母マリアの秘密の預言、ローマ教皇庁の説明に人々は納得した?

文=水守啓/サイエンスライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1917年5月13日より数回、ポルトガルの寒村ファチマで3人の子供たちの前に聖母マリアが出現し、人類の未来について語るという奇蹟が起こった。最後の奇蹟の際には7万人の大群衆が集まり、超自然的な太陽の乱舞が目撃された。この一連の奇蹟はカトリック教会が公認し、「ファチマの聖母」として世界的に知られている。おそらく、これは日本人でも少なからずご存じと思われるが、このような超自然的な出来事が起こることを事前に予言していた人々がいたことはあまり知られていない。それについては後編で紹介していくことにしたいが、その前に、前編においては「ファチマの聖母」について振り返っておきたい。

 最初の聖母の出現に立ち会ったのは、当時10歳の少女ルシア・ドス・サントス、9歳のフランシスコ・マルト、7歳のジャシンタ・マルトの3人だった。ルシアが聖母と交わした言葉は次のようなものだった。

聖母「何も怖がることはありません。私は皆さんに、何も悪いことはいたしません」

ルシア「あなた様はどちらからいらしたのですか?」

聖母「私は天国からまいりました」

ルシア「あなた様は、私どもに何をお望みでございますか?」

聖母「これから続けて6カ月の間13日に、同じ時間にここに来ることを求めるために来ました。後に、私が誰であり、何を望んでいるかを言いましょう。後になって、7度目にもここに戻って来るでしょう」

 その後、後半では、神への献身とその心構えについて言葉が交わされた。

 2回目の6月13日の出現時には、群衆の数は50人ほどで、聖母は来月13日もここにきて、毎日ロザリオを唱えることを求めた。その際、ジャシンタとフランシスコはまもなく天国へと連れていくが、ルシアはこの世に留まり、神への道を歩めるように導いていくことを伝えた(預言通り、フランシスコは1919年に10歳で、ジャシンタは1920年に9歳で他界する)。なお、ルシアは「聖母の右手の前に茨に取り囲まれた心臓があり、それを茨が突き刺していた。私たちはこれがマリアの汚れなき御心であり、人間の罪によって踏みにじられ、償いを求めておられると理解した」とも語っていた。

左よりルシア、フランシスコ、ジャシンタ

聖母の預言

 3回目の7月13日、群衆は1000人ほどとなり、聖母はルシアに以下のような注目すべき言葉を残す。

「毎月ここに来続けなさい。10月に、私が誰であるか、何を望んでいるかをあなたがたに教えます。そしてすべての人のために見て信じるように一つの奇蹟を行います」

 そして、「罪人のためにあなたがた自身を犠牲として捧げなさい。そして何度も、特に何か犠牲をするときにはこう言いなさい。『おお、イエズスよ、これはあなたのため、罪人の回心のため、そしてマリアの汚れなき御心に対して犯される罪の償いのためです』」と聖母が語ったあと、ルシアは強い光線が地上を貫き、そのなかで一瞬だったが、火の海のような地獄を見せられた。悪魔、人間の形をした霊魂たちが絶望と苦悶のうちに透明な火の塊となっていたのを見たルシアは、恐怖のあまりに叫び、周囲の人々はその声を聞いた。

関連記事