NEW
ジャーナリズム

子どものゲーム利用を1日60分以内に規制、条例可決へ…親の責務も明記、不登校原因と指摘

文・構成=編集部、協力=おぎの稔/東京都大田区区議会議員
香川県のネット・ゲーム依存症対策条例案に対するパブリックコメント募集ページ

 秋田県大館市教育委員会が、子どものインターネット・ゲーム依存を防ぐための条例制定に向けた議論を始めた。秋田県の地方紙秋田魁新報が2月27日、朝刊で報じた。秋田魁は『ゲームは1日60分、条例制定へ 大館市教委、親の責務明記』と題して、次のように報じた。

「秋田県大館市教育委員会は、子どもがインターネットやオンラインゲームの依存症になるのを防ぐ条例制定を目指している。依存症につながるゲーム機などの使用を1日60分以内とする素案を作成、学校や保護者の責務も明確にした。成案化し6月定例会に提案予定で、市教委は『制定に向け、保護者に丁寧に説明し理解を得ていきたい』としている。

 市教委は今月、『ネット・ゲーム依存症対策条例案』の素案をまとめた。インターネットやゲーム機の過剰な利用が、子どもの学力や体力の低下、昼夜逆転による不登校、睡眠障害などの精神面でのトラブルを引き起こすと識者らが指摘していることを制定の趣旨に掲げ、▽依存症の児童生徒や家族への支援▽市、学校、保護者が連携し、社会全体で対策に取り組む―などを基本理念に掲げた」

香川県「ネット・ゲーム依存症対策条例案」は18日に可決へ

 唐突なイメージもあるが、複数の秋田県関係者によると、大館市での議論は今年1月、香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例案」がインターネット上で話題になったことが端緒になったという。

 大館市でも香川県と同様に、1日のゲーム時間の制限や、深夜のインターネット使用などを制限する内容を盛り込んだ条例案にする方針で、市議会6月定例会での法案提出を目指している。

 香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例案」には「ゲームは平日1日60分まで」「午後10時以降はゲーム禁止」などの具体的な制限が盛り込まれていて、賛否両論を呼んでいる。県は当初、県議会2月定例会で法案を提出し、条例化を目指していたが、県内外からの批判が噴出。これに対して同県はパブリックコメントを募集し、3月12日の検討委で結果が示された。意見を寄せたのは2686人で、そのうち賛成が8割超に上った。県議会は開会中の定例会最終日の18日に条例案を採決する方針を示している。

 そもそも「ゲームは1日〇時間まで」という話は、家庭内のルールで決めればよいのであって、子どもとはいえ余暇の過ごし方を法律で縛るというべきではないという意見もある。自治体で連鎖的に始まった「ゲーム規制」の条例化を目指す動きについて、アニメ・漫画・ゲームなどの表現規制に詳しい「オタク区議」として知られる東京都大田区区議会議員のおぎの稔氏(34)=無所属・2期=に話を聞いた。

関連記事