新型コロナ:大相撲大阪場所、協会は感染リスクより大儀を優先…変わらない根本的体質の画像1
大阪場所初日 協会あいさつする八角理事長(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 現在、大相撲大阪場所の真っ只なかだが、日本相撲協会は今場所について3月1日、無観客での開催を決定した。他に目を向けると、政府による自粛要請を受けるかたちでプロ野球やJリーグが足並みを揃えて開催を延期し、宝塚歌劇団は一度観客を入れての公演を再開しながらも再度中止へと舵を切った。いずれも感染拡大のリスクを考慮しての決断といえるが、中止よりも無観客という決断を下した相撲協会のリスク管理は、果たして妥当といえるのだろうか。

 大阪場所は観客が誰も居ないなか、普段よりも少ない懸賞、関係者だけが見つめる館内、日ごろのルーティーンを行わない力士、館内に響く行司の声、力士の息遣い、砂を噛む音など、テレビ中継に映し出されるすべてが、いつもの場所とは大きく異なる。

 だが、残念なことに100キロにも満たない小兵力士の炎鵬や、大関が掛かる朝乃山といった人気力士の取組結果より、ニュースとして話題になるのは無人の客席に力士が走りこんだといったような、無観客ゆえのトピックだ。そして序二段の力士が発熱したといった、本場所を継続するうえで影響が出かねないニュースもまたクローズアップされている。

 熱戦を伝えるニュースよりもコロナウイルスに関連した物珍しいニュースのほうが人の目を惹くのは残念だが、世間の目がコロナウイルスに向かっていることを考えると仕方がないことだ。それでも取組関連の話題が注目される今は、力士が感染してはそれどころではないことを考えると、まだ幸せといえるだろう。

 相撲協会は感染のリスクがありながらも、本場所開催に踏み切った。果たして、この決断をどう捉えれば良いのだろうか。

 力士に対して毎日体温を測るよう指導しており、部屋ごとに報告を義務付けているし、エディオンアリーナに来場する報道陣も入館時に体温の計測が求められている。手の消毒ももちろん行っている。移動についてもタクシーを利用させ、裏門から来場させファンの出待ち・入り待ちを抑制している。力士のインタビューは支度部屋ではなく通路を出たところで柵越しにミックスゾーンのようなかたちで行っている。

大阪場所初日、理事長の挨拶

 こう見ると、開催に際してできる限りのことは実施しているように見受けられる。接触する人の数を極力減らし、ウイルス感染を抑えるための施策を行っている。また、感染しているか否かもチェック体制機能を働かせてもいる。感染予防も感染事後の対応もある程度行っているといって良いだろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ