ヨドバシ、コロナ感染で休業…発表前から「感染者確認でも通常営業」との指摘相次ぐの画像1
ヨドバシカメラマルチメディア横浜店の公式ホームページ

 新型コロナウイルスの感染者をめぐる、ヨドバシカメラ(東京都新宿区)の対応がインターネット上で物議を醸している。同社は9日、『ヨドバシカメラマルチメディア横浜店(横浜市)における同店滞在者の新型コロナウイルスの感染について』という告知文を公式ホームページ上にアップした。感染発覚から告知掲載、営業休止に至るまでの期間が大きく開いていたこともあり、Twitter上には怒りの声が溢れている。

7日に感染判明も営業継続?

 同社の告知文を引用する。

「当4月9日に、弊社『ヨドバシカメラマルチメディア横浜店(以下同店)』(横浜市西区北幸1丁目)に、販売商品のメーカーから販売促進員として同店の売り場に来て前3月まで活動されていた方の1名が、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出た、という事実が判明いたしました。

 弊社は、お客さまと従業員の安全を最優先に考え、あり得る感染の拡大の抑止に努めるため、所管保健所などと連携し、上記の陽性反応がでた感染者が滞在していた売り場及び同店において、現時点で次の対応を取っております。

・同売り場と同店における感染者の行動歴ならびに感染者との濃厚接触者の調査

・濃厚接触の可能性のある同店従業員及び同店の長時間滞在者への本日から2週間の自宅待機指示及び要請、並びにその者らの健康に関する経過確認

・同店の消毒作業の実施

・同店を当分の間、休業とすること

 ※その他についても保健所の指示に従い対応してまいります。

 当感染者の方は3月末を最後に同店には来ておりませんが、翌4月1日に発熱の症状があり、4月2日に医療機関へ受診。その後4日にPCR検査を実施、4月7日に新型コロナウイルス陽性判定が出たという経緯です。

 今後も、同店外での可能性のある感染の拡大の抑止と安全確保を最優先に、関係各所と連携し対応してまいります。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 また、休業中の同店の再開につきましては現在のところ未定でございます」

 同社が告知を出す8日以前から、SNS上では「会社は感染を知っていながら公表を隠している」との指摘も以下のようになされていた。

「私はヨドバシの従業員です。営業妨害をする気は有りませんが、事実を広めたいのでアカウントを作成しました。先日、ヨドバシ横浜でコロナ感染者を確認していますが、公に出ないように隠蔽しています。ヨドバシ横浜は緊急事態宣言にも関わらず、本日も通常営業しております」(原文ママ、以下同)

「ヨドバシマルチメディア横浜でコロナ感染の方が出たってお話。事実です。主人が同じフロアで働いていたので、濃厚接触者ではないものの自主的に自宅謹慎中です。何も言わずに通常営業してるなんて信じられない。拡散されて知れ渡って欲しい」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ