なぜ『鬼滅の刃』は4000万部越えの驚異的ヒットに?非マンガファンも虜にさせた秘密の画像1
『鬼滅の刃』(「Amazon HP」より)

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)による「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載マンガ『鬼滅の刃』シリーズの単行本累計発行部数が、2月4日に発売された19巻をもって、4000万部を突破したとして、話題になったのは記憶に新しい。

 大正時代を舞台に、家族を鬼に殺され、さらに妹が鬼に変貌してしまうという過酷な状況に置かれた主人公・竈門炭治郎が、妹を人間に戻すために鬼と戦っていく姿を描く同作。現在、社会現象と評されるほどに話題を集めているが、その大ヒットのきっかけをつくったのはアニメ化だったようだ。

 アニメ放送開始前、2019年2月時点でのシリーズ累計発行部数は、約350万部程度。しかし、アニメ放送が終了した9月末時点には、その売上を約1200万部にまで伸ばしており、前述したとおり現在は4000万部突破という快挙を達成。ここ1年数カ月で10倍以上の発行部数に増加したことになる。アニメ化によって、原作マンガの部数が伸びるのは珍しいことではないが、アニメ放送終了後にここまでの伸び率を示したのは極めて例外的なヒットの仕方だと言えるだろう。

『鬼滅の刃』がここまで人気となっている理由はどこにあるのだろうか。

 そこで今回は、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院博士課程に在籍し、学術的な視点でアニメを考察・研究しているアニメウォッチャーで、『鬼滅の刃』シリーズにも精通している小新井涼(こあらい・りょう)氏に、同作が大ブームを巻き起こしている要因を分析してもらった。

わかりやすく言えば『進撃の巨人』以来のヒット作

 近年、SNSなどを通じてお祭り状態のように盛り上がる、いわゆる“バズる”アニメは、オリジナル作品の『けものフレンズ』や、『おそ松くん』を原作に大胆アレンジをした『おそ松さん』などが中心となってきた。『鬼滅の刃』のような原作に忠実にストーリーを追うアニメ作品として、「こういうふうに盛り上がったのは『進撃の巨人』以来かもしれません」と語る小新井氏に、まずはシリーズ人気を支えているファン層を教えていただいた。

「初めに人気に火がついたのは、20代以上の女性たちの層という印象があります。コスプレなどのファン活動から人気が拡大していき、一つのブームになっていきました。ただし、これは『鬼滅の刃』シリーズの珍しいところなのですが、女性層にとどまらず男性層にもファンが増えていき、現在では一般層までが興味を持ち、手を出し始めています。コアなアニメファン層よりも母数としては多い、普段マンガやアニメを見ない方々まで巻き込んでいる状態だと思いますね」(小新井氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ