ドトールもスタバもコメダも危機的状況…好調ムードが新型コロナで一転、業績見通せずの画像1
スターバックスの店舗

 新型コロナウイルスの感染拡大でカフェチェーンが危機に瀕している。

 ドトール・日レスホールディングス(HD)は、「ドトールコーヒーショップ」の3月の既存店売上高が前年同月比20.8%減だったと発表した。新型コロナの感染拡大に伴う臨時休業や営業時間の短縮で、売り上げが急激に低下したという。同社はほかに「エクセルシオールカフェ」を展開しているが、こちらも厳しく、3月の既存店売上高は29.3%減と大きく落ち込んでいる。

コメダ珈琲店」を展開するコメダHDも厳しい状況だ。3月のフランチャイズ(FC)既存店向けのコーヒーなどの卸売り売上高は9.5%減だった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛が影響したという。

 政府の緊急事態宣言が全国に発令され、大手カフェチェーン各社において臨時休業の動きが広がっている。タリーズコーヒージャパンは4月16日から7 都府県で臨時休業の店舗を400店に拡大、さらに23日から北海道など6道府県の約50店を追加している。ドトールコーヒーは同18日から対象を拡大し、ドトールやエクセルシオールなど全国の直営約290店を臨時休業した。スターバックスコーヒージャパンは、13の特定警戒都道府県のほぼ全店にあたる約1100店を休業とし、その他の地域では閉店時間を早め、ドライブスルーを含めた持ち帰りのみとした。コメダHDは17日から時短営業の店舗を増やしている。

 カフェを含む飲食店は政府の緊急事態宣言における休業要請の対象ではないが、顧客や従業員の安全を考え、臨時休業する店が増えている。これにより今後の業績悪化が懸念される。

 ドトールの既存店売上高は、コロナショック前までは堅調に推移していた。新型コロナの影響で2月(3.5%減)と3月(20.8%減)は大きく落ち込んだが、それ以前はプラスの月も多く、それほど悪くはなかった。2020年2月期の既存店売上高は前期比0.6%増だった。マイナスだった19年2月期(2.0%減)から一転、プラスとなっている。ドトールは現在、全国に約1100店を展開しているが、長らく概ね横ばいで推移しており、店舗数の増加で売り上げを伸ばすことができない状況にある。そのため、既存店売上高を高めることが重要になるが、それがプラスに転じた意味は小さくない。

 一方、エクセルシオールは厳しい状況が続いている。20年2月期の既存店売上高は前期比1.3%減だった。前年割れは2期連続となる。客数は長らく前年割れが続いており、09年2月期から20年2月期まで12期連続でマイナスだ。スタバやドトールとの違いを打ち出 せないなどで苦戦を強いられている。

 ドトールが堅調だったこともあり、ドトール・日レスHDの20年2月期連結決算は、まずまずだった。売上高は前期比1.5%増の1311億円、営業利益は1.4%増の102億円。純利益 は2.4%増の60億円だった。ドトールでは片手で食べられるデザートやタピオカ入り飲料が好調だったという。だが、新型コロナの影響で今後は予断を許さない。21年2月期の業績見通しは新型コロナの影響で合理的な算出が困難として「未定」としている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ