NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

“コロナ災厄”がパチンコ不況にトドメ…廃業「2千店」か、旧規制の遊技台撤去も追い打ち

文=鷲尾香一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

“コロナ災厄”がパチンコ不況にトドメ…廃業「2千店」か、旧規制の遊技台撤去も追い打ちの画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のための外出自粛と休業要請により、パチンコ店の“淘汰”が始まる。パチンコ店では休業要請に応じないところも多く、都内のパチンコ店が休業すると千葉県のパチンコ店へ、千葉県のパチンコ店が休業すると茨城県へというように、営業しているパチンコ店を求めて客が移動していることも明らかとなり、政府による「休業要請の強化」が実施される方向にあるなど、“逆風”が吹いている。

 実際、4月15日には東京でもパチンコ店「アカダマ」3店舗を営業する愛知県名古屋市の赤玉が東京地裁に破産申請を行うなど、すでに淘汰は始まっている。

 実は、パチンコ店の苦境は新型コロナウイルスによる休業要請に始まったものではない。その背景には、いくつかの大きな要因が潜んでいる。

 第一は、パチンコ店からの“客離れ”だ。ここ数年、多くのパチンコ店では来店客数の減少が顕著だった。その理由にはさまざまなものがあるが、ギャンブル依存症問題が注目を浴びたことと、遊技台の射幸性に対する規制の強化は大きな比重を占める。

 日本版カジノの開設検討の過程で、ギャンブル依存症の問題が大きな注目を浴びるようになった。融資審査にあたって、ギャンブル依存の傾向に注意するように金融庁が金融機関を指導するなど、ギャンブル依存症への対処法が取られた。こうした動きがパチンコ店の来店者減少につながった可能性がある。

 また、出玉を3分の2に規制するなど遊技台の射幸性が低下していることも大きい。「出玉制限が強まると、来店客数の減少に直結する」(都内のパチンコ店)というように、遊技台の魅力の低下は、パチンコ店にとって大きな痛手となっている。

 第2に、4月から受動喫煙防止対策による禁煙措置がスタートしたことがあげられる。「パチンコ店では自由に喫煙できていたのに、遊技台では完全に禁煙となったことでパチンコ店に出かけなくなった」(30代・男性)という声は多い。

 第3には、客層の変化がある。パチンコ店の客層も高齢化が進んでいる。高齢者のなかには毎日のようにパチンコ店に来店する人も多い。パチンコ店がいわば“高齢者の社交場”となっているのだ。

「高齢者の多くは、出費を少額に抑えるために1円パチンコ(パチンコの遊技は1玉4円だが、1玉1円でも遊技できるもの)で遊ぶ方が多い。それでも、遊技をしているよりも、友達や知り合いと会話を楽しむ人も多い」(埼玉県郊外のパチンコ店)

 こうした高齢客は、パチンコ店としては売上げに結び付きづらいのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ