NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

ホンダ・フィットが「最もお買い得なファミリーカー」である理由…トヨタ・ヤリスとの違い

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

ホンダ・フィットが「最もお買い得なファミリーカー」である理由…トヨタ・ヤリスとの違いの画像1
ホンダの「フィット」(「フィット|Honda公式サイト」より)

どんなクルマなのか?

 ホンダフィット」は、全長を4m以下に抑えたコンパクトカーの主力車種です。2001年に発売された初代モデルから、燃料タンクを前席の下に搭載して、空間効率を高めてきました。

 4代目の現行型も同様の設計で、全長は短く、全高も立体駐車場を使いやすい1550mm以下に抑えながら、後席と荷室には十分な容量を確保しています。現行型の発売は2020年2月なので設計が新しく、安全装備や運転支援機能も充実しています。

 販売も好調で、2020年4月には、小型/普通車ではトヨタ自動車「ヤリス」に次ぐ2位(軽自動車も含めるとホンダ「N-BOX」、ヤリスに次ぐ3位)になりました。

人気を得ている理由

 フィットが高い人気を得ている理由は、混雑した街中でも運転のしやすい5ナンバーサイズのコンパクトカーでありながら、居住空間や荷室が広く、ファミリーカーとしても使いやすいことです。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には、握りこぶし2つ半の余裕があります。3ナンバー車になるトヨタ「カローラセダン&ツーリング」や「マツダ3」の1つ半を上回ります。高機能なハイブリッドシステムも、人気を高めた理由です。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★★☆

 全長が4000mm以下、全高が立体駐車場を使える1550mm以下の5ナンバー車では、もっとも広い居住空間を備えます。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★★☆

 燃料タンクを後部ではなく前席の下に搭載したので、荷室の床が低く、ボディサイズのわりに積載容量が大きいです。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★★

 前側のピラー(柱)形状を工夫して、ななめ前方の視界は良好です。水平基調の外観で側方と後方も見やすいです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 1.3Lノーマルエンジンの動力性能は平均的で、ハイブリッドには余裕があります。走行安定性も満足できます。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★☆☆

 乗り心地は、コンパクトカーでは優れた部類に入ります。シンプルな内外装のデザインは好みが分かれます。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 売れ筋になるホームのWLTCモード燃費は、1.3Lノーマルエンジンが20.2km/L、e:HEVは28.8km/Lと良好です。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 衝突被害軽減ブレーキは、歩行者と車両に加えて自転車も検知します。運転支援機能は渋滞時の追従機能付きです。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 1.3Lのホームは171万8200円。割高な印象もありますが、シートアレンジや充実した装備を考えれば納得できます。

選ぶときに確かめたい3つのメリット

・後席と荷室は、立体駐車場を使える同サイズの小型車よりも明らかに広いです。

・小さなボディは前後左右ともに視界が優れ、小回りも利いて運転しやすいです。

・e:HEVはモーター駆動が基本なので、加速がなめらかで瞬発力も優れています。

後悔しないための3つの要チェックポイント

・車両重量が1100kg前後なので、1.3Lエンジンは少しパワー不足を感じます。

・ベーシックを中心に、15インチタイヤ装着車は乗り心地が少し硬いです。

・1.3Lとe:HEVの価格差を燃料代の節約で取り戻すには、13万kmの走行が必要です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ