NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第20回

木村拓哉はなぜ復活を遂げたか?その人間力、ほの見える“過去の盟友”飯島三智氏の手腕

芸能吉之助(現役芸能プロマネージャー)
【この記事のキーワード】

, ,

木村拓哉はなぜ復活を遂げたか?その人間力、ほの見える“過去の盟友”飯島三智氏の手腕の画像1
4月16日の放送開始日の延期の案内が掲示されているドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の公式サイト(2020年5月16日時点)

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。
 
 新型コロナウイルスの影響で、4月スタート予定だったドラマのほとんどが延期になっていますが、木村拓哉さんの主演ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)もそのひとつ。2年前に平均視聴率15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下すべて同)を記録した人気ドラマの続編で、「これはおもしろそうだな」と僕も期待してたので本当に残念です……。現在は前シリーズの「傑作選」が再放送されているので、それを見つつ、放送開始を楽しみに待ちたいと思います。

 しかし、昨年からの“キムタク復活劇”はすごかったですね!

 正直、2016年のSMAP解散騒動で、それまでの「キムタク」ブランドは崩壊してしまったと思うんです。彼が『HERO』シリーズ(フジテレビ系、2001年〜)で演じていたような、飄々としているけど実はキレ者で、男気があって、誠実で……といったキムタクのパブリックイメージが、いったんここですっかり崩れてしまった。世間に衝撃を与えたあの“見せしめ謝罪会見”によって完全に“裏切り者”のイメージがついてしまい、そこから、キムタク神話にいろいろケチが付き始めたんですよね……。

 連ドラで主演すると「ゴリ押し」「何を演じてもキムタク」と叩かれ、主演映画の興行成績がイマイチ振るわないと「大コケ」とメディアはいちいち大騒ぎ。とはいっても、SMAP解散後に放送された主演ドラマ『A LIFE〜愛しき人』(TBS系、2017年)の平均視聴率は14.5%、冒頭で挙げた『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系、2018年)は15.2%と、視聴率は高かった。もちろん、「大ヒットが当たり前!」のキムタクドラマとしては物足りなかったのかもしれませんが……。

「何を演じてもキムタク」の功罪

 そこにきて、この数年のモヤモヤを吹き飛ばしてくれたのが、昨年の『グランメゾン東京』(TBS系、2019年)ですよ! あのドラマは本当に素晴らしかった。木村さんの底力を見せつけられました。平均視聴率は12.9%と、数字だけ見れば低く思えますが、このクールのドラマのなかでは、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、主演/米倉涼子)の18.5%、『相棒 season18』(テレビ朝日系、主演/水谷豊)の14.8%についで3位。ドラマ業界が全体的に不振に陥っていた昨年の状況下では、上々といってよい結果でしょう。

 ドラマの内容は、問題を起こして地位や名声などすべてを失った天才シェフが、もう一度ミシュラン3つ星を狙い開業するというストーリー。鈴木京香さん演じる相棒シェフをはじめ、かつての仲間であった沢村一樹さん、及川光博さん、玉森裕太くんなど、一人ずつ仲間を集めていき、ライバルの妨害に苦しみ、土壇場で大逆転……と、よくできた少年ジャンプマンガのようで、とてもわかりやすいし、スカッとするストーリー展開でした。それを、ずらりと揃った演技派の俳優さんと、『アンナチュラル』(TBS系、2018年)などを手がけ、深みのある演出に定評がある塚原あゆ子さんらの演出陣によって、極上のエンターテインメントに仕上げていました。
 
 木村さんの演技を評するときに、「何を演じてもキムタク」とはよくいわれますが、このドラマの彼は、良い意味で、「やっぱり、何を演じてもキムタク」だったと思います。みんなが見たい“キムタク”をめちゃくちゃしっかり見せてくれて、その上で「キムタクってこんなにカッコイイんだ!」ということを見せつけた。現状の木村拓哉がどう見られているかをわかったうえで、「ちょっとダサい」と思われている“キムタク”を受け入れていた。ドラマの中で鈴木京香さんが木村さんを「おっさん」呼ばわりするのが話題になっていましたが、過去の栄光にすがるのでなく、今の自分で勝負するしかない主人公と現実の木村さんとが重なって、昔から木村さんを知っている世代はもちろん、今の若い世代まで、新たな木村さんの魅力に気づかされた。

 世間に定着した自分のイメージを変えたくて、それまでとまったく異なる役柄を演じることはよくあること。でも、そのイメージに真正面から取り組むことで、逆にそれまでの殻を破ることができた、という稀有なパターンだと思います。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ