NHK、船場吉兆ささやき女将息子のどん底→逆転劇特集に賛否両論の画像1
NHK『逆転人生』の公式サイトより

「一度は料理界から追放されました」

「日本全国を敵に回しました」

 そんな言葉から番組は始まった。声の主は、湯木尚二。2007年、賞味期限の偽装、産地偽装、食べ残しの使い回しで廃業に追い込まれた、船場吉兆の取締役だった1人だ。当時の謝罪会見で、母である女将がこう答えなさいと「頭が真っ白になったと」と横から囁いたことから「ささやき女将」が流行語になった。

  5月25日放送のNHKの『逆転人生』は「船場吉兆の息子が語る 転落からの生き直し」。どん底まで落ちた湯木尚二が再起した現在までを追った。

 尚二の祖父、湯木貞一が昭和5(1930)年に創業した吉兆から、のれん分けで誕生した船場吉兆は日本料理の老舗。子どもの頃からすっぽん料理を食べ、調理場で板前から料理の極意を教わるなど、食の英才教育を受けていた。当時の経営者の父は常々「日本料理は味だけやない。おもてなしの心や」と語っていた。

 1995年に尚二は店長となり、1999年には博多に開店した店の店長も兼任した。2000年、主要国首脳が参加した九州沖縄サミットでは蔵相会議の料理を担当し、賛嘆の声が上がった。尚二はメディアにも多く登場するようになり、「料理界のプリンス」と呼ばれた。

 だが、さまざまな有力者たちの付き合いが増え、店への関わりが疎かになっていった。そんな中で2007年、賞味期限の偽装、産地偽装、食べ残しの使い回しが発覚し、船場吉兆は廃業に追い込まれた。

 財産は没収され、ワンルームマンションでの1人での生活が始まる。2008年に定食屋で皿洗いの仕事を始めるが、探り当てた記者が店に訪ねてきた。「ご迷惑をおかけいたしました」と言って、尚二はたった1カ月で勤めを辞めることになった。

 2010年、尚二は知り合いの不動産屋から電話を受ける。鮨屋の経営者を探しているとのこと。行ってみると、6坪ほどの店で鮨を握っている主は、船場吉兆が健在だった頃に行きつけだったバーのマスターだった。鮨屋になりたいという夢を語っていたことがあったが、それを実現したのだ。高齢になったため、後継者を探しているとのこと。尚二は引き受けた。

 予約の電話があり、当日待っていると誰も現れないということがあった。看板を叩き割られたこともあった。尚二の店だと知っての嫌がらせだった。

 おもてなしの心という父の言葉を、尚二は実践した。いつも丁寧に見送りながら、翌月の献立を渡した。客の会話を耳にして、おめでたい会だとわかると、赤飯を出した。しだいに店は満員が続くようになる。常連客の一人から、北新地で店をやらないかと持ちかけられる。銀行に相談するが、あの船場吉兆の経営陣だったということで、融資は断られた。

「奈落から生還した瞳はとても強くて優しい」

 ある日、鮨屋で食べ終わった客が改まった口調で、「この料理なら北新地でも十分やっていけます」と語った。なんだろうと訝る尚二に客は、銀行の者であることを明かす。融資が実現したのだ。店を開くために尚二は、船場吉兆の頃の従業員に声をかけた。全員が承諾した。尚二は北新地に店を開いた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ