NEW
深野康彦「あなたと家族と日本のための、お金の話」

日経平均「8千円台」も想定しておいたほうがいい…それでもコロナ禍は投資のチャンス?

文=深野康彦/ファイナンシャルリサーチ代表、ファイナンシャルプランナー
【この記事のキーワード】

, ,

日経平均「8千円台」も想定しておいたほうがいい…それでもコロナ禍は投資のチャンス?の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルスの影響で、世界の株式市場を取り巻く環境は一変しました。当初、新型コロナをアジアの出来事と捉えていた欧米にも感染が拡散、WHO(世界保健機関)のパンデミック宣言以降は、株式だけではなく世界のあらゆる資産が「キャッシュイズキング」の名の下に売られたのは記憶に新しいところです。

 株式に限れば、下落の勢いがあまりにも速いことから、損切りを行おうにも機を逸してしまった人も多く、また2017年から対象者が広がった「iDeCo(個人型確定拠出年金)」、18年から始まった「つみたてNISA」で積立投資を始めた人には肝を冷やした人もいたはずです。

 一方で、今回の暴落は長い目で見ればチャンスと考える投資家も多く、ネット証券を中心に新規口座開設数が急増したというニュースも報道されています。08年のリーマンショックと比較すると投資のリテラシーが上がったといえる半面、株価は本当に底打ちしたのか疑問が残るところです。

 日経平均株価は20年3月19日に1万6552円83銭で底を打ち、3月23日の週に大幅反発。4月17日には1万9897円26銭まで上昇し当面の底を打った、あるいは一番底を入れた等々の見方も出ていますが、景気の大幅な悪化や経済封鎖解除後の感染者数再増加の第2波、第3波があると考えたら、底値に達したといえない気がしてなりません。

 新型コロナの影響は、もはや現世代にほぼ経験者がいない1918年~19年のスペイン風邪に匹敵する可能性があるからです。そこで日経平均株価の底値も最悪になるケースを頭の隅に入れておいたほうがよい気がしてならないのです。

平均下落率は62.7%

 日経平均株価は、バブル崩壊を含め3回大幅な暴落があります。90年1月(正確には89年12月末の3万8915円)~92年8月(1万4309円)の63.2%、2000年4月(2万833円)~03年4月(7607円)の63.5%、07年7月(1万8261円)~09年3月(7054円)の61.4%です。過去3回の平均下落率は62.7%なので、今回の暴落を当てはめると、高値は20年1月の2万4083円だったことから、底値は8980円前後になります。

 相場格言には「半値8掛け2割引き」があることから、格言に当てはめると7710円前後になります。衝撃的な数字となってしまいましたが、今後の企業業績はどこまで悪化するのか予測することができない(=来期の業績予測を出さない企業が続出と思慮)ことから、PER、PBRなどのバリュエーションは効かない(=計算できない)と思われてならないのです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ