NEW
人生再建アドバイザー・辛酸なめ過ぎ太「破産1.5回、起業懲りずに7回目」

自己破産したその日に人間関係が激変…経験した私が明かす「地獄と脱出・人生再建術」

文=辛酸なめ過ぎ太/人生再建アドバイザー
【この記事のキーワード】

, ,

自己破産したその日に人間関係が激変…経験した私が明かす「地獄と脱出・人生再建術」の画像1
『自己破産の費用と支払い方法』

 誰も予想すらしなかった新型コロナウイルスの感染拡大。個々人の努力ではコントロールできない、まさに災難です。人生の一時撤退を選択肢のひとつとして考えざるを得ない方々も少なくないと思います。そこで、自己破産経験者である私からのアドバイスを、法律家とはまったく違う観点からお伝えします。結論は「破産しても人生再建は誰でも可能」です。破産は人生再建の手法のひとつですから。

【筆者の破産に関する説明動画はこちら】

『自己破産の費用と支払い方法』

『緊急特集!自己破産するとどうなる?』

『破産からの復活法シリーズ』

 

 前回記事『破産1.5回→起業、今は普通に生活の私が断言、「自己破産しても人生再建は可能」』に引き続き、今回は破産手続きの具体的準備内容と、弁護士が債権者に受任通知を送付した直後に激変する人間関係を、経験談も交えてお伝えします。

 人生再建に向けた前向きなマインドセットが必要ですが、必ず人生最大で想像以上の「心の折れ」を経験します。また自殺も選択肢に浮かびます。それらを乗り越える具体的方法や考え方を今回はお伝えします。

1.自己破産手続きの準備作業

 私、辛酸なめ過ぎ太が25年前の阪神・淡路大震災で人生が大転換し、その後に体験した内容を参考にお話を続けます。

 自己破産の申し立てには、債権・債務の正しい把握が必要です。お金に追われると、どこからいくら借りたのか正しい記録がない状態に陥りがちです。むしろ逆に売掛金、買掛金、会社の借入金、個人的な借入金も明確にしておく必要があります。その資料に基づき申し立ての資料を作成し、代理人が受任通知を送付します。内容については先方の意見も聞き取り精査していきます。

 以上のことがわからないと始まりませんので、しっかりと自覚しておいてください。現金を動かすのではなく、口座内での資金移動にすれば、あとで思い出すことが容易になります。将来を開くためにも、頭の隅に意識しておいてください。

2.想像を超える人間関係の大変化と対策

 私が破産したという情報は、その日のうちに業界中に広がりました。その日に想像以上の件数の留守電が携帯電話に入りました。「明日の朝までに何千万円用立てたら良いのか」という伝言もありました。うれしかったですが、借金が増えるだけで根本的解決にはなりません。伝言はさまざまでした。「困ったらいつでも相談に来い」と普段から言ってくれていた方が、「うちの分だけは裏で払ってくれ」と頼んできました。思わぬ人が心から心配してくれて励ましのメッセージをくれました。今までとはまったく違う本性を露骨に見せた人も少なくありませんでした。自宅前にベンツが張りついた時期もありました。債権者のひとりが依頼したのです。人なんて本当にわからないもので、自分の理解の浅はかさを思い知りました。自業自得ですが、破産によってすべてが変化しました。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合