トイアンナ「私は言いたい」

タマの大きさも妊娠力に関係?不妊、自宅用の簡単検査キット…早めの病院受診が大切

引用:「株式会社キースマック HP」より

 不妊の原因は、約半数が男性由来である――ということは不妊治療へ足を踏み入れた夫婦が知る常識だ。男性はそもそも自分が不妊であることを想像しない。また、「自分が不妊の原因だったらこの世の終わり」と1か0かで物事を考えやすく、いざ自分が不妊である可能性が出ても、なかなか受診しない。

 しかし、実際には男性も生活習慣次第で精子の量・質ともに改善できるという。さらに、自宅でも確認する方法が、いくつかあると聞く。産経新聞社は2月、「夫婦で妊活セミナー~不妊治療は男性の覚悟と行動で決まる~」というセミナーを開催。男性不妊の専門家である辻村晃医師(順天堂大学教授)が登壇した。そこでわかった「自宅でもわかる妊娠力簡単チェック方法」をいくつかお伝えしたい。

男性の妊娠力が変わる3大要素

 辻村医師はさまざまなデータを分析して「男性不妊の3大要素」を導き出した。それによると、(1)加齢、(2)勃起力、(3)男性ホルモンの量が関係するという。加齢は致し方ないとして、一番われわれの目にわかりやすいのは(2)だろう。

 だが、男性は同性同士で膨張時の大きさを比較することはできない。せいぜい彼女や妻に質問をすることでしか確認できないが、正直な答えを返す女性はそういないので、答えはアテにならない。そこで登場したのが、硬さを4段階で評価する「(EHS: Erection Hardness Score)」だ。

・グレード1:こんにゃく並み。挿入は厳しい

・グレード2 みかん並み。挿入は難しい

・グレード3 グレープフルーツ並み。挿入はできるが、完全ではない

・グレード4 りんご並み。完全に硬い

 筆者はサンプルとなるゴム状の棒を触ってきたが、グレード4(りんご並み)は「こんな人類はいるか」と思うくらいの硬さだった。おそらく、自分は硬いと思っている男性でも、グレード3くらいではないだろうか。もし生殖機能に関して悩みがあれば、男性不妊治療に強い泌尿器科などで相談してみよう。

 蛇足だが、辻村医師によると大きさは一切関係ないとのことだ。

妊娠力は変わる

 3大要素には入っていないが、男性不妊外来では触診で「タマの大きさ」を確認するという。実はそのサイズも妊娠力に関係し、大きく硬いほうが精子の数・運動能力も高いという。

 客観的に自分のサイズを測るには、計測器を使用する方法もある。

 こちらの計測器は、オーキドメーターという。うずらの卵より少し大きいくらいなら、妊娠力に問題なしとされるようだ。

さらに自宅で調べたいなら検査キットを使おう

 さらに自宅で調べてみたい方には、スマホでチェックできるキットがある。リクルートが出している「Seem(シーム)」は、自分の出した精子をスマホで閲覧でき、それだけでなく運動率と量を測定できる。

編集部イチオシ企画
筋トレしようぜ
Pick Up News

RANKING

連載

ビジネス

総合

SNS