NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

今、中古一戸建て&建売住宅が狙い目!年収300万円台でも十分にローンで買える!

文=山下和之/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

今、中古一戸建て&建売住宅が狙い目!年収300万円台でも十分にローンで買える!の画像1
「Getty Images」より

 このところ首都圏を中心にマンション価格の上昇が続き、なかには高くなりすぎたためにマイホームは諦めるしかない、賃貸で十分という人が増えているといわれています。でも、それでいいのでしょうか。たしかにマンション価格は上がっていますが、実は上がっていない住宅もあるのです。そこにスポットを当てれば、一気に視界が開けるはずです。

新築マンションは10年間で31.9%も上がっている

 マンション価格、実際のところどれくらい高くなっているのか、図表1をご覧ください。これは、首都圏における新築マンション、新築一戸建て(いわゆる建売住宅)、そして中古マンション、中古一戸建ての価格が、それぞれにこの10年間どのように推移してきたかを示しています。

 ブルーの折れ線グラフが新築マンションですが、10年前の2009年には4535万円だったものが、2019年には5980万円になっています。10年間で31.9%も上がった計算です。新築が無理なら中古マンションはどうかということになりますが、こちらも上がっています。オレンジの折れ線グラフがそうですが、2009年の2491万円が2019年には3442万円に、やはり38.2%の上昇です。中古マンションは新築マンション以上に上がっているのです。

今、中古一戸建て&建売住宅が狙い目!年収300万円台でも十分にローンで買える!の画像2

首都圏の建売住宅価格は10年前より下がっている!

 それに対して一戸建てはどうでしょうか。図表1ではグレーの折れ線グラフが新築一戸建ての建売住宅です。2019年の平均価格は3510万円で、新築マンションに比べると2470万円も安く、新築マンションの58.7%、6割以下の値段で買えるのです。しかも、注目していただきたいのは10年前の価格。なんと2009年の平均価格は3565万円でしたから、建売住宅はこの10年間、わずか1.8%とはいえ、上がるどころかむしろ下がっているのです。

 中古一戸建てはどうでしょうか。こちらは、2009年の2988万円が2019年は3115万円ですから、やや上がってはいるのですが、10年間の上昇率はわずかに4.3%です。中古マンションの上昇率38.2%に比べれば、ほとんど上がっていないといっていいでしょう。

平均的な会社員ではマンションは買えなくなっている

 この一戸建てに着目しない手はありません。たとえば、2019年の新築マンションの価格は5980万円ですから、全額ローンを組んで、金利1.0%、35年元利均等・ボーナス返済なしで購入すると、毎月の返済額は16万8806円です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ