JR誕生、33年目の真実…不可能とされた国鉄民営化、改革3人組はJRの最高権力者にの画像1
1964年に開業し、国鉄の象徴となった新幹線(「Wikipedia」より/Spaceaero2)

 JR東日本元社長の松田昌士(まつだ・まさたけ)氏が5月19日、肝臓がんで死去した。84歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長女の斉藤美詠子(みえこ)氏。

 1987年4月1日、国鉄は解体され、難産の末にJR各社が誕生した。本州は東日本、東海、西日本の3社に分割され、国鉄時代に「改革3人組」と呼ばれた男たちが、それぞれの会社の役員に就き、その後、3人は社長になった。

 JR東日本は松田、JR東海は葛󠄀西敬之(よしゆき)、JR西日本は井手正敬(まさたか)である。国鉄入社が2年ずつずれている3人は、井手をリーダーに、松田が参謀、葛󠄀西が切り込み隊長の役割だった。

 松田は1936年1月9日、北海道常呂郡野付牛町(現北見市)に生まれた。61年、北海道大学大学院法学研究科を修了。同年、日本国有鉄道(国鉄)に入社。父親は元札幌駅長で親子2代の国鉄マンである。国鉄の幹部候補生は、ほぼ2年周期で地方局の実習生、本社の課員、地方局の課長、本社の課長補佐、地方局の部長と昇進していく。3人が本社勤務になったことで「改革3人組」を結成する条件が揃った。

 3人組は国鉄・民営化を視野に行動を開始した。それぞれが上下の年次に同志を広げていった。東京・神田の飲み屋でアンコウ鍋をつつきながら、国鉄再建を語りあったという。81年暮れのこと。3人組は隠密裡に自民党運輸族の1人、三塚博に接触。職場の荒廃ぶりを縷々(るる)説明した。トイレ掃除などの雑務は管理職の仕事。遅刻、早引けが横行し、ヤミ休暇やヤミ出張がはびこり、それを本社幹部は見て見ぬふりをしている。職場規律は緩み切っていた。「なんとかしないと国鉄は潰れます」と訴えた。

 82年2月、自民党は「国鉄再建に関する小委員会」の設立に踏み切った。この通称、三塚小委員会が改革派の秘密事務局となり、情報の発信基地となる。82年7月、土光臨調(第2次臨時行政調査会)は「国鉄は5年以内に分割・民営化すべき」と明記した第3次答申を提出。同年11月に発足した中曽根康弘内閣は積極的に分割・民営化を進めていく。83年6月、国鉄再建監理委員会が発足。国鉄改革の第2幕が上がった。

「国体護持派」による改革派の粛清

 こうした最中、自民党の運輸族が分裂した。分割・民営化に反対する加藤六月に対して、三塚博は改革派に軸足を移す。84年7月『国鉄を再建する方法はこれしかない』と題する本を出版した。

「経営改善計画が失敗した場合には分割・民営化する」としてきた自民党は、党の方針を大転換し、三塚は分割・民営化を前面に押し立てた。葛󠄀西は日本経済新聞に連載した「私の履歴書」にこう書いた。

<三塚さんの要請を受け、私たちは水面下で協力した。国鉄労働組合(国労)は「三塚委員会の背後にはKIM(キム)がいる」という噂を流布し、国鉄内部でも公然の秘密となっていた。葛󠄀西(K)、井手正敬(I)、松田昌士(M)のイニシャルを並べたものだ。そして三塚本は国鉄内で禁書扱いになる>

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ