入社倍率100倍も…地獄不況の出版業界、なぜ採用試験で超高倍率?業界の“特殊事情”の画像1
「Getty Images」より

 近年の就活市場で人気が高いのは、商社・旅行会社・メーカーなどである。一方、かつて就職人気ランキングで上位に名を連ねていたマスコミ関係企業の人気は低迷しているともいわれている。

 だが、マスコミのなかでも斜陽産業といわれることも珍しくない出版業界には、まだ新卒採用が高倍率の企業が多いのが実情だ。例えば大手出版社には、採用定員の100倍以上の数の学生たちから応募が殺到するという。そこで今回は、『「欠点」を「強み」に変える就活力』(サンマーク出版)の著者でマスコミ就職塾「ペンの森」で講師を務める岩田一平氏に話を聞いた。

「マスコミ人気がなくなった」という認識の誤解

 そもそもマスコミ業界の人気低迷は事実なのだろうか?

「NHKは別として、就職人気企業ランキングからマスコミ系の企業名が減ったのは確かですね。しかし、それだけで安直に“マスコミ人気の低迷”と解釈するのは早計でしょう。というのも一昔前までは、マスコミのような花形業界に記念受験のような感覚で応募する学生がかなり多かったのです。そういう背景から応募数が膨らみ、人気業界のイメージがついたのかもしれません。

 ですが、そういった冷やかし半分の学生が減少した現在は、本当に強い思いでマスコミ業界を志望している学生のみがエントリーしているのです。ですから応募人数は減ったかもしれないですが、マスコミ業界を目指している人は現在でもそれなりに多いですし、“人気がなくなった”という認識には誤解があると思います」(岩田氏)

 かつては何千倍といった倍率もあったのかもしれないが、記念受験のような感覚の学生のエントリーが多かったのだとすれば、現在の熱意ある学生ばかりが志望して倍率が100倍の会社があったとしても、競争の激しさが大幅に緩和されているというわけではなさそうだ。

採用枠が少ないのは業界内を経験者が循環するから

 マスコミ関係企業への応募数が減少したとはいえ、前述したとおり依然として出版業界は高倍率を誇る。

「出版はいわばB to Cの業界。そのため子供の頃から慣れ親しんでいる書籍、雑誌、コミックがある人たちが、出版業界に憧れるというのは当然の図式ですから人気もあります。特に小学館・集英社・講談社・KADOKAWAといった大手出版社の人気はいまだ健在です。

 さらに、人気が高い割に出版社の例年の新卒採用人数は非常に少ない。大手の場合は20~30人ほど新卒採用することもありますが、中小出版社ですと年に1~2人しか新卒採用しないというケースも多いのです。その少ない席を求めて学生が殺到するため、必然的に超高倍率となっていくのです」(岩田氏)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ