NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

中国、香港の「一国二制度」を実質破棄…実効支配進め“香港の民主的自治”終焉の危機

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

中国、香港の「一国二制度」を実質破棄…実効支配進め“香港の民主的自治”終焉の危機の画像1
YouTubeチャンネル『Fashion Picks』より

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まり5月末から4カ月振りに学校も再開し、久方ぶりに明るいムードが戻る香港。6月4日は、1989年4月から民主化を求めて北京の天安門広場に集結する自国民に、人民解放軍が武力行使に踏み切った日でもある。イギリス政府の発表では1万人以上の犠牲者が出た。そして昨年6月16日は返還以来最大の200万人が参加した反政府デモがあった。22日からの中国全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)で側近を習派で固める習近平主席。一国二制度の根本を揺るがす香港国家安全法制定を踏まえ、9月の香港立法会(=日本の国会に相当)選挙に向けて自由都市・香港の現状と未来を考える。

1.高級ブランド店舗の撤退が続く香港

中国、香港の「一国二制度」を実質破棄…実効支配進め“香港の民主的自治”終焉の危機の画像2
『アパレルは死んだのか』(たかぎこういち/総合法令出版)

 中華人民共和国香港特別行政区は人口762万4000人。ユーロモニターインターナショナルの調査によれば、2018年の海外からの外国人訪問者数は世界第1位の6514万人。日帰りの中国人観光客も少なくない。買物天国と呼ばれる関税対象商品の少なさが生む世界最安値、豊富な品揃え、値引き文化は世界中から買い物客を長く引き寄せていた。

“食の香港”らしく屋台から超高級レストランまで揃っている。高級ブランドの店先とは思えない行列を中国人観光客がつくり、特異な現象が日常化していたが、昨年の大規模な反中デモで観光客は激減した。そして新型コロナが追い打ちをかけた。

 銀座の2倍以上といわれる高額な家賃でも採算の取れる売上高を誇った高級ブランドの閉店、退店が続いている。香港の小売市場は中国本土からの観光客が主たる顧客である。19年12月の米ティファニーの旗艦店閉鎖から始まり、今年に入り仏ルイ・ヴィトンがタイムズ・スクエアの旗艦店閉店を発表、2月伊プラダが予定より早くコーズウェイベイ店を閉店。そのほかにも以下の店舗が閉店となっている。

・米Jクルー:2店

・香港宝飾店大手TSLコーズウェイベイ店

・スイス・スウォッチ傘下のオメガ:4店

・ロンジン:5店

・スイス・ロレックスを1日600本販売する地元有名店

・ロレックス直営店のラッセルストリート店も閉鎖

・香港中に店舗が溢れる宝飾品大手、周大福:15店

・化粧品大手ササ:30店

・観光水上レストランJUMBO

・1928年創業の老舗地元レストランJimmy’s  Kitchen

・アラン・デュカス

RANKING