中古車情報メディア「カーセンサー」(企画・制作 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)は5月号で「今乗ってもカッコいい 絶版車6モデル」を特集、読者からは大きな反響があったという。

 今、再評価されている車は何か。また、その理由は。「価格の高低ではなく、魅力的かどうかという価値観で選ばれている」と語る、リクルート自動車総研所長兼カーセンサー編集長の西村泰宏氏に話を聞いた。

時代を超えて愛される名車とは

――まず、5月号で紹介された「今乗ってもカッコいい」絶版車6モデルについて教えてください。

西村泰宏氏(以下、西村) 6モデルは以下になります。

1.ボルボ「240エステート」

中古車、今乗ってもカッコいい絶版車6選!ボルボ、トヨタ…車の流行は20年周期?の画像1

2.ローバー「ミニ」

中古車、今乗ってもカッコいい絶版車6選!ボルボ、トヨタ…車の流行は20年周期?の画像2

3.トヨタ「ランドクルーザー70」

中古車、今乗ってもカッコいい絶版車6選!ボルボ、トヨタ…車の流行は20年周期?の画像3

4.トヨタ「MR2(初代)」

中古車、今乗ってもカッコいい絶版車6選!ボルボ、トヨタ…車の流行は20年周期?の画像4

5.メルセデス・ベンツ「W124」

中古車、今乗ってもカッコいい絶版車6選!ボルボ、トヨタ…車の流行は20年周期?の画像5

6.ルノー「カングー(初代)」

中古車、今乗ってもカッコいい絶版車6選!ボルボ、トヨタ…車の流行は20年周期?の画像6

 発売当時に人気があったことはもちろん、今も「あの車は良いよね」と評価されているモデルを絞り込みました。また、比較的メンテナンスが容易で、5~10年と乗り続けられるモデルを選びました。

――トップ3は240エステート、ミニ、ランドクルーザー70ですね。

西村 240エステートはデザイン面で個性が際立っており、最近は若者が乗っている光景もよく目にします。そして、年配の方が「僕も乗っていました。久しぶりに見ると乗ってみたくなります」などと話したりするのです。また、荷物がたくさん載るため、アウトドア好きの間では今も愛用者が多いです。そのため、5月号では240エステートを表紙に起用しました。

 BMWになってからのミニは3代目が出ていますが、常にミニらしさを持ち続けています。昔のミニに憧れる層は一定数いて、過去3年間の流通量と平均価格はほぼ横ばいです。最終生産から20年ほどたっていて、世界的な名車ということもあり、今後は台数が減っていくにつれ、価格は上昇傾向になっていくでしょう。

 本格的かつタフなクロカン4駆のランドクルーザー70は世界的にはヘビーデューティーな用途が多いですが、日本は悪路が少ないこともあり、ファッション的な魅力で乗る人が多いです。生産30周年記念で2014~15年に復刻し、そのときも人気を集めました。

――4位以下はMR2、W124、カングーです。

西村 MR2はコアなファンから一目置かれている車ですが、スポーティーなモデルなので、必然的に走行距離がかさみ、修復歴が多くなります。そのため、コンディションが良い中古車は高値で取引されるようになります。

 W124はベンツの中でも名作と呼ばれた一台で、熱烈なファンが多い車です。日本でベンツのブランドバリューを確立したモデルでもあります。やはり価格は上昇傾向にありますが、コンディションによっては、メンテナンスにそれなりの費用がかかるでしょう。

 これまでの5モデルは特に車好きの支持が高いモデルですが、カングーはビジネス、プライベート、ファミリーと多用途に使える汎用性の高い車です。現行型もありますが、「このときの空気感がいいよね」ということで、昔のモデルを選ぶ人も多いです。

関連記事