NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

なぜ世界最大アパレルだったレナウンは倒産したのか?“頭脳&変化なき”放漫経営の末路

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

なぜ世界最大アパレルだったレナウンは倒産したのか?“頭脳&変化なき”放漫経営の末路の画像1
レナウン HP」より

 昨年から不透明な会計処理や定まらない人事、根拠のない販売計画発表などが続いていたレナウンが5月15日、東京地裁から民事再生手続き開始の決定を受けた。1990年代には世界最大のアパレル企業であった名門には、業界のパイオニアとしての輝かしい歴史がある。今回のレナウンの破綻から、“アフターコロナ”における企業の生き残り戦略について探ってみたい。

1.レナウン栄光と転落の歴史

なぜ世界最大アパレルだったレナウンは倒産したのか?“頭脳&変化なき”放漫経営の末路の画像2
『アパレルは死んだのか』(たかぎこういち/総合法令出版)

 名門と呼ばれるレナウンは、戦前からアパレル産業のトップリーダーであった。創業者の佐々木八十八が1902年(明治35年)に大阪で衣料品の販売を手掛ける「佐々木営業部」を設立。22年1月、イギリス皇太子 (のちのエドワード8世) のお召艦巡洋戦艦「レナウン」を商標とした。供奉艦として同行していたイギリス軽巡洋艦「ダーバン」にちなんで同名のブランドを立ち上げた。

 戦後まもなく企業活動を再開したが、60年代の日本の婦人服はオーダー、イージーオーダーが主流であった。そして経済成長で大きく伸びた若者のファッション市場に、当時としては非常に先進的であった既製服を投入した。テレビでのCMが後押しし、百貨店、量販店、町の洋品店まで販路を拡大させ、高いシェアを誇った。

 60年代後半に米国のプロゴルファー、アーノルド・パーマーをあしらったワンポイントのポロシャツを発売し、一世を風靡した。70年代には紳士既製服進出時に世界的俳優のアラン・ドロンをテレビCMに起用し、販促活動を展開して一躍、百貨店での存在感を高めた。91年には単体で2438億円、グループ会社のダーバン、レナウンルック(現ルックホールディング)などを加えると3000億円の売上を誇る世界最大級のファッション企業となった。

 80年代の財テクでの収益や過去の成功体験で社内の危機感が緩み、商品企画力が衰えていった。90年代に習志野に250億円をかけて超大型物流センターを建設し、時代に逆らうように在庫の絞り込みでなく膨張に拍車をかけた。そして“高すぎる買い物”といわれながらも約200億円で英国アクアスキュータムを買収するなど、イケイケドンドンの経営が続く。

 しかし90年代、バブル崩壊で市場が急速に縮小。92年に当時米国で通信販売によって急成長していたJ.CREWとの提携もスタートしたが、店舗展開のみで撤退となった。

 91年12月期からは連続の営業赤字を続けた。この放漫経営を許容していた経営陣は、何を考えていたのであろうか。資産売却で不足するキャッシュフローの穴を埋め、人員削減を進めて有能な人材の流出が続いた。99年には当時のメインバンクである住友銀行常務を副社長に、2004年には元オンワード専務などを迎え入れるが、数年後に退社。05年に投資会社カレイド・ホールディングスが筆頭株主になり再建を目指すが、09年に撤退。まさに“枯井戸”状態であった。

関連記事