NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オーケストラ最大の楽器「コントラバス」は移動も大変…飛行機では4席分の料金が必要に

文=篠崎靖男/指揮者
オーケストラ最大の楽器「コントラバス」は移動も大変…飛行機では4席分の料金が必要にの画像1
「Getty Images」より

 僕がオーストリア・ウィーン国立音楽大学の指揮科で勉強していた頃、「まずは本場のオーケストラを聴かないことには」と、世界的に有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会は欠かさず聴いていました。

 ウィーン・フィルの楽員の正式な身分は、「ウィーン国立歌劇場のオーケストラ団員」です。そんな彼らは1年に10回、好きな指揮者を招待してオーケストラの定期演奏会を開催しています。このオーケストラが特殊なのは、常駐の事務局員も働いているとはいえ、基本的には、楽員の中から会計や広報などの係を選んで自主運営している、世界で唯一のオーケストラであるという点です。

 しかも、歌劇場の仕事は毎晩あるので、定期演奏会は土曜日の15時半と日曜日の11時というのが伝統です。正直、朝の11時からの演奏会なんて、時代に合わないのではと思いますが、座席は定期会員によって占められており、その権利は、それこそ代々引き継がれているので、今さら変えることは不可能でしょう。その権利を手に入れるには、いつ空きが出るかわからない、気の遠くなるくらい長いウェイティングリストの最後に自分の名前を書かなくてはなりません。それでも、定期演奏会の数を増やさないところに、ウィーン・フィルのこだわりがあるのです。

 1年間にたった10回しか定期演奏会がないので、僕は大学の授業をさぼってリハーサルも聴きにいっていました。しかし、どこのオーケストラでもそうですが、基本的にはリハーサルは非公開です。最近、日本のいくつかのオーケストラでは、ファンサービスの一環で、応募者や招待者にリハーサルを一般公開することもありますが、実際には、もう通し稽古に入った最終日の公開であり、指揮者や楽員が真剣勝負の丁々発止をしているような場面は非公開です。「木管楽器の音程を合わせて」とか、「ちょっと指揮がわかりづらい」とか、結構厳しいやり取りはあまり見られたくないですし、来られたところで、小さな声でぼそぼそ話している感じですので、大して面白くもないでしょう。

 さて、そんな非公開のウィーン・フィルのリハーサルを覗くため、まずはホールの通用門にあるブースにいかめしい顔で座っている門番をどうやってかわすのかが最大の関門でした。「リハーサルを聴きたいのですが」などと言ってしまったら、間違いなく追い返されてしまいます。そこを見つからないように体を低くし、なんとか通り過ぎることができてホッとしながら階段を上がっているところを見つかってしまい、追いかけられるというようなことは日常茶飯事でした。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ