山口達也の女子高生わいせつ事件、捜査資料から浮かぶ「おぞましい現場」…ジャニーズの庇護の画像1
山口達也

飲酒して女子高生に乱暴

 9月22日、酒気帯び運転の疑いで逮捕された人気グループ「TOKIO」の元メンバー、山口達也容疑者。警察が山口容疑者からアルコールの匂いがすることに気づき、呼気を調べたところ、基準値を大幅に上回る1リットル当たり0.75mgのアルコール分を検出したという。

 山口氏はTOKIOのメンバーだった2018年に、飲酒状態で女子高生への強制わいせつ事件を起こし、ジャニーズ事務所を退所していた。なぜ、何度も酒のトラブルを起こしてしまったのか。

 18年の事件の概要は次のようなものである。当時、山口氏は『Rの法則』(NHK Eテレ)のMCを務めていた。山口氏は自宅で焼酎を1本空けた勢いで、同番組に出演していた女子高生Aさんに、LINE電話をかけ、「うちに遊びにきなよ」などと誘いをかけている。

「Aさんは山口の様子に不安を覚え、親しいR’s(編註:後述参照)メンバーを連れて山口の自宅を訪れています。Aさんが友人を連れて現れたことで態度を一変させたようです」(全国紙社会部記者)

 部屋の中の様子を捜査資料等から再現する。

<「なんで、一人で来なかったんだよ!」

山口はいきなりAさんをこう怒鳴りつけたという。Aさんは「山口さんは酔っているようには見えなかったけど、目つきが怖かった」と供述している。

 痺れを切らした山口は、Aさんに襲いかかった。Aさんは、キスをされたあと服も脱がされそうになったが、激しく抵抗したようです。そしてもみ合ったあと、山口が煙草を吸いに部屋を出たところで、Aさんは友人と共にマンションを抜けだし、走って逃げ出した>

 Aさんは友人のアドバイスもあり、その日のうちに麻布署に被害届けを出した。Aさんは『Rの法則』の出演者で、R’sと呼ばれる十代で構成される出演メンバーの一人だった。つまり山口氏はNHKの番組で知り合ったAさんを、未成年だと知ったうえで蛮行に及んでいたのだ。

『Rの法則』の元スタッフはこう語る。

「山口さんには何人かお気に入りの女子高生メンバーがいて、だいたい大人っぽい見た目の綺麗系の子が多かった。よくNHKスタッフの前で『R’sのメンバー呼ぼうよ』と言い出すことがあった。深夜に酒席に未成年を呼ぼうとしたことも。でも、NHKスタッフが彼を諫めることはありませんでした」

 山口氏がR’sのメンバーの連絡先を知ることができたのも番組スタッフの仲介だった、といわれている。Aさんの事件も発生から2カ月あまり伏せられ、山口氏は平然と番組出演をこなしていた。

 事件は山口氏の問題であると同時に、タレントを“甘やかしてきた”ジャニーズ事務所やテレビ局の問題でもあった。

関連記事