NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」

自衛隊、基地で幹部が高須院長をVIP級接待…原資は税金、動員される自衛官から批判も

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

自衛隊、基地で幹部が高須院長をVIP級接待…原資は税金、動員される自衛官から批判もの画像3
高須克弥氏の公式Twitterより(写真は陸上自衛隊中部方面総監を訪問時のもの)

「単なる一民間人にすぎない、高須クリニックの高須克弥院長の自衛隊訪問が超VIP待遇でおかしい」――。筆者に情報提供したある自衛隊関係者はこう憤る。

 高須院長といえば、論客として国防や自衛隊に関する発言をすることで有名だ。具体的にどのような待遇を受けているのだろうか。提供された資料に沿って話を進めよう。

 資料によると、昨年7月25日に神奈川県の海上自衛隊厚木航空基地で、高須院長、高須クリニックの秘書と看護師、それに高須克弥記念財団理事長で作家の西原理恵子氏が参加した。

 午前10時に基地のターミナルに集合し、海上自衛隊の航空部隊ナンバー2の空団幕僚長らが出迎え、自衛隊機に搭乗する前に必要な説明を受けた。その後10時45分にVIP専用の搭乗口から空団幕僚長らが見送り、海自航空機に搭乗。11時15分から20分間、江ノ島、初島、小田原を周遊した後、11時45分に基地に到着した。その後、高須氏らにおしぼりが出された後、昼食のカレーのために食堂に移動し、空団幕僚長らがVIPルームで接待した。

 午後には高須院長は再びターミナルに移動し、高校生が参加するサマースクールの入校式を見学し訓示した。その後、整備隊の研修などに参加し、自衛隊員の前でお立ち台に上った高須院長がさらに激励。15時の見送りの際には、空団幕僚長など幹部はもちろん、なんと海上自衛隊トップの海上幕僚長夫人がわざわざ列席した。先の自衛隊関係者はこう解説する。

「このレベルの実施要領は超VIPレベルで、国際水準だと政府高官以上のレベルです。海上自衛隊空団幕僚長という最高幹部の一人に加え、厚木基地幹部が総動員されている。隊員を数千、数万単位で勧誘してくるならまだしも、ただファンというだけで自衛隊に実質的な貢献をしていない高須院長をもてなすのはバランス的に明らかにおかしい。この日の訪問だけでなく、高須院長は陸海空のすべての自衛隊の全国の基地に頻繁に訪問しており、単なる観光でありえないVIP待遇を受けています」(先の自衛隊関係者)

 この訪問に限っても、高須氏のために航空機を飛ばし、わざわざ隊員に整備もさせている上、サマースクールに参加する高校生相手に訓示させるとは民間人に対する対応としては明らかに度が過ぎているといわざるを得ない。当たり前だが、この原資はすべて税金である。

関連記事