スシロー「ティー版スタバ」宣言、国内500店舗へ…マックOB率いる「ゴンチャ」を猛追の画像1
シェアティー HP」より

 スシローグローバルホールディングス(GHD)は事業領域の拡大とグローバル展開を加速し、さらなる成長を進めるため社名を変更する。新社名はFOOD & LIFE COMPANIES。日々の食をおいしくすることで、顧客の生活だけでなく人生までを豊かにする夢を実現する仲間、という意味を込めた。2020年12月24日開催予定の株主総会で決議し、21年4月1日から新しい社名となる。回転寿司「スシロー」のブランド名は変えない。

 1984年の創業以来、回転すしスシローの国内展開を進め、同業界で売り上げトップとなるまで成長した。2011年から海外展開を開始し、現在、4つのエリアへ進出している。17年、大衆寿司居酒屋「杉玉」の出店を始め、今年は台湾茶専門店「Sharetea(シェアティー)」を展開するなど、事業を拡大中だ。

台湾茶専門店「シェアティー」はお茶のスタバを目指す

 スシローGHDがカフェ事業に参入した。8月20日、台湾茶専門店「Sharetea(シェアティー)」を新宿マルイ(東京・新宿区)の本館にオープンした。シェアティージャパンは「ちょっとの上質を、毎日の贅沢に。」をコンセプトに、本格的な台湾茶を手ごろな価格で提供するという。ドリンクメニューはストレートティーおよびティーラテが各5種類。フルーツティーが3種類。タピオカ入りはタピオカミルクティーだけだ。価格設定は看板商品の「定番台湾茶」が350円(Mサイズ、税抜き) から。シェアティーは台湾発のカフェで、世界で500店舗以上を展開している。

 スシローは20年2月、グループのスシロークリエイティブダイニング(大阪府吹田市)が70%、台湾企業が30%出資する合弁会社Sharetea Japan(東京都千代田区)を設立した。社長はアパレル大手、ワールドで10代女子向けブランド「ピンクラテ」事業でトップを務めた経験をもつ小林哲氏。かつてワールドの専務だったスシローGHD社長の水留浩一氏がスカウトし、スシロー初のカフェ事業の責任者に据えた。顧客の年齢層が比較的若いカフェでは、ファッション感覚が求められることから小林氏に白羽の矢が立った。「シェアティーは全国500店舗を目指し、ティー版のスターバックスコーヒーを目指す」と小林氏は意気込みを語っている。

 台湾茶といえば、19年に日本市場を席巻した「タピオカブーム」が記憶に新しい。台湾発のティー専門店「ゴンチャ(Gong cha)」や「春水堂」には、タピオカミルクティーを買い求め大勢の若い女性が列をなす光景が見られた。スシローは回転寿司に次ぐブランドとしてシェアティーを選んだ。先行するゴンチャを追いかける。

ゴンチャジャパン社長に原田泳幸氏が就任

 19年12月1日、世界17カ国で1100店舗の「ゴンチャ」を運営するゴンチャジャパン(東京・渋谷区)の会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)に原田泳幸氏が就任した。原田氏は1997年、アップルコンピュータ(現アップルジャパン)社長。米マクドナルドにヘッドハンティングされ、2004年、日本マクドナルドホールディングスに送り込まれた。会長兼社長兼CEOとして全権を握り、マクドナルドの再生に辣腕を振るった。退任後は14年、ベネッセホールディングスの会長兼社長に就いたが、16年、不本意なかたちで退任した。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合