『麒麟がくる』芦田愛菜が演じる細川ガラシャ、忠興とのちょっと異常な夫婦仲の画像1
NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』」より

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』に、いよいよ芦田愛菜が登場する。芦田が演じるのは、明智光秀の愛娘・たま、後の細川ガラシャだ。ガラシャについては壮絶な死に際こそ有名だが、それ以前のことはあまり知られていない。そこで今回は、ガラシャ(明智玉)にまつわるエピソードをいくつか紹介したい。

信長の命で細川忠興と政略結婚

 光秀と煕子の三女(次女という説もある)として生まれた玉(玉子・珠・珠子)。幼少期についての史料が残っていないため、どんな少女時代を送ったのかはわかっていないが、血気盛んな織田信長とは正反対な朝倉義景が統治する越前に生まれ育っているため、比較的平和な毎日を過ごしていたことが想像できる。

 そんな玉が歴史の表舞台に顔を出すのは、16歳のとき。光秀とともに信長を支えた細川藤孝の嫡男・細川忠興の結婚相手として登場する。何を隠そう、この結婚を提案したのは信長。家臣の絆を深めることで、織田家への忠誠心を高めるためだったと言われている。忠興と玉は美男美女で、信長も「人形のようにかわいい若い夫婦」と言って、2人の結婚を大変喜んだ。

 もちろん、光秀も大喜びしただろう。明智家は美濃国の名門土岐氏の流れをくむといっても、光秀は一度は浪人となり、そこから這い上がってきた亜流の武将。対して細川家は、将軍足利義輝に仕える名門中の名門。格の違いは明らかだった。

 ドラマの中では、藤孝(眞島秀和)は事あるごとに光秀(長谷川博己)に意見を聞き、光秀も「藤孝殿」「藤孝殿」と頼りにしているシーンがよくある。立場は違っても尊敬し合える仲の2人にとって、忠興と玉の結婚はウェルカムだったに違いない。

 肝心の本人同士はというと、忠興と玉は仲睦まじく、結婚した翌年には長女が、その次の年には長男が生まれている。

「鬼の嫁に蛇はふさわしいでしょう」

 忠興・玉夫婦を語るときに欠かせないのが、忠興の嫉妬深さだ。玉を愛する気持ちは、時に狂気と化した。

 忠興の嫉妬深さを物語るエピソードはいくつかある。他の男を近づけさせないために玉に外出禁止を命じたり、多くの侍女をつけて監視させていた[安倍1] という。その中で最もクレイジーなのが、玉に見とれた庭師を打ち首にしてしまったエピソードだろう。

 若い頃の忠興は「戦国一、気が短い」と称されるほど短気な人物で、怒りに触れた家臣を手打ちにすることは珍しくなかった。玉を愛するあまり、オスの猫さえも近づけさせなかったといわれるくらいの男なら、あり得なくもない……と思ってしまうが、対する玉は非常に度胸がすわっていた。

 玉は聡明で、大変クールな人物だったそう。また、気位が高い上に、気が強い面も持ち合わせていた。忠興が前述した庭師の首を玉の横に置いても、顔色ひとつ変えなかった。忠興が「生首を横に置いても顔色を変えないとは、お前は蛇なのか?」と問うと、「鬼の嫁に蛇はふさわしいでしょう」と答えたという。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合