なぜお笑い芸人が猿田彦珈琲の広報に?EXILE・TETSUYAに教わったマルチステージ思考とはの画像1
コーヒールンバの平岡佐智男

 自分の特技や知識を生かした“○○芸人”が増えている中、コーヒー芸人として活躍の場を広げているのが、松竹芸能所属のコーヒールンバの平岡佐智男だ。コンビ芸人として活動するかたわら、『マツコの知らない世界』(TBS系)や『ワケあり!レッドゾーン』(読売テレビ)などの番組で、ちょっとディープなコーヒーの世界を紹介している。

 過去にタリーズコーヒーの店長を務めていた経験もあり、コーヒーの知識や技術は本物。「SACHIOPIA COFFEE」という自身のコーヒーブランドを運営していたり、スペシャルティ・コーヒー専門店「猿田彦珈琲」の広報を務めていたりと、幅広く活躍している。

 新型コロナの影響で芸人としての活動が制限されてしまっている今、副業に力を入れるのも自然なことなのだろうが、○○芸人たちは、なぜ芸人を辞めて副業を本業にしないのか? 前編に続き、本業と副業に対する考え方や力の入れ方の違いなどを聞いてみた。

なぜお笑い芸人が猿田彦珈琲の広報に?

――SACHIOPIA COFFEEは、どういった経緯で始めたんですか?

コーヒールンバ・平岡佐智男(以下、平岡) もともと、僕が通っていたお店だったんです。深夜の3時くらいまで営業していて、そこで台本を読んだりコーヒーの勉強をしたりしているうちにマスターと仲良くなって、「一緒にイベントやろうよ」っていう話になって、不定期でSACHIOPIA COFFEEを開くようになりました。

 SACHIOPIA COFFEEをやると決めたのは、単純に口だけじゃないってことを証明したかったからです。オススメしているコーヒーを実際に飲んでもらって、スイーツとあわせて楽しんでもらえてこそ、本気でコーヒー芸人をしているんだと思ってもらえると考えていたので。

 でも、実際にやってみたら、まぁ大変でした。コーヒー4種類にスイーツが2~3種類にカレーが1種類。フードは毎月、内容を変えていました。ありがたいことに、お客様がたくさんいらっしゃってうれしかったのですが、てんやわんやすぎて、はじめの頃は「ネタ考えてる方が楽だなー」って何回も思いましたね(笑)。

なぜお笑い芸人が猿田彦珈琲の広報に?EXILE・TETSUYAに教わったマルチステージ思考とはの画像2

――では、猿田彦珈琲の広報を務めることになった経緯は?

平岡 実は、3年ほど前にインスタグラムに履歴書と一緒に「どなたか雇ってください」ってアップしたら、最初に猿田彦珈琲さんが連絡をくれたんです。それから、恵比寿本店で店舗スタッフとして働いていました。そして、昨年の夏ぐらいに社長に呼ばれて「広報をやってみないか?」と言われたので、店舗スタッフを卒業して広報として働くことになりました。

 業務内容は、電話やメールの対応・取材の立ち合い・プレスリリース作成などいろいろありますが、芸人の世界では経験しないことばかりなので、めちゃくちゃ楽しいですね。それと同時に、コーヒールンバのマネージャーさんの仕事の大変さがわかって、今までの自分の行いを反省しました。今では「ありがとうございます」など感謝の言葉、業務へのねぎらいの言葉を都度、伝えるようになりました。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合