NEW
小林敦志「自動車大激変!」

新車販売の“トヨタ1強”は今年も続くのか?「今、買うならトヨタ車」となる消費者心理

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

新車販売のトヨタ1強は今年も続くのか?「今、買うならトヨタ車」となる消費者心理の画像1
トヨタのロゴ(「gettyimages」より)

 前編の最後で、今の“トヨタ1強”はトヨタ自動車が“仕掛けた”結果だけとは言い切れない部分もあると述べた。

 まずは、新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えず、本稿執筆中はますます混迷を深めようとしており、非常事態といっても過言ではない状況が続いていることは否定できないだろう。そして、世界的な戦争や経済恐慌などの非常事態が起こると、現金などを“金”に変えようとする動きが目立ち、金相場が上昇するというのはよくあること。

 今回のトヨタ車販売の好調も、「先の見えない時期に新車を買うのだから、より確かなブランドのクルマを買おう」という消費者サイドの動きが大きく影響しているといっていいだろう。

 ちなみに、新型コロナ感染拡大下であっても、新車は好調に売れている(中古車はもっと調子が良い)。これは、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用しての外出を極力抑えたいというニーズのほか、海外旅行どころか国内旅行もままならず、レストランは夜8時に閉まってしまう(本稿執筆中は1都2府8県に緊急事態宣言が発出中)地域があったりして、外食もままならない中、株などへの投資で利益を上げている富裕層が積極的に新車へ乗り替えていたり、新型コロナによる雇用不安のない公務員や、年金で暮らしている富裕高齢層が新車へ乗り替えているという背景がある。

「今時は残価設定ローンのご利用が多いだけでなく、すでに何回か利用されているお客様も目立ちますので、新車購入時に“リセールバリュー”を意識されるお客様が目立ちますね」とは現役セールスマン。

 リセールバリューが高ければ残価設定ローンにおける残価率も高めとなり、最終回分として据え置かれる額も多めとなるので、月々の支払い負担が軽くなるのだが、それだけではない。

 前出のセールスマンは「特に売る側としては、残価設定ローンを組んでいただいても、完済を待たずに新車へのお乗り替えをおすすめするのが、どのブランドのセールスマンでも半ば当たり前となっております。多くの車種で設定される残価率は、現状ではやや抑えめな“安全圏”のものとなっているため、中古車で人気が高ければ、支払い途中のある時期に下取り査定を行い、査定額で残債整理すると、ケースによっては“お釣り”が残ることもあるのです」と話してくれた。

 新型コロナの感染拡大が収束しても、「有事に備え、まとまった現金は手元に置いておきたい」という傾向は強まるだろうから、ローンの利用が減ることはないとされており、残価設定ローンが新車購入ではメインとなっていくと、販売現場では見ている。そのため、新車購入において“リセールバリューの高さ”が重視される傾向も続くとされている。

 新車販売が2020年春先の極端な落ち込みから短期間で回復基調へ向かったのも、下取りや買い取り相場が、中古車が良く売れることにより高め、つまりリセールバリューが全般的に高めに、今もなお推移していることで、新車が売りやすい傾向が続いていることも大きく影響しているのである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合