NEW
小林敦志「自動車大激変!」

アルファードもRAV4もカローラもよく売れる…トヨタ“一人勝ち”だった2020年の新車販売事情

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

アルファードもRAV4もカローラもよく売れる…トヨタ一人勝ちだった2020年の新車販売事情の画像1
トヨタ アルファード | トヨタ自動車WEBサイト」より

 自販連(日本自動車販売協会連合会)から、2020年12月単月の登録車新車販売台数が発表された。それと同時に、2020暦年(2020年1月から12月)での通称名別(車名別)年間新車販売台数ランキングも発表されている。

 通称名別(車名別)の年間販売台数ランキングを見ると、トップ10中7台がトヨタ自動車のクルマで、さらに1位から3位までをトヨタ車が占めた。まさに、2020年は“トヨタ一人勝ち”といっていいことを物語るランキングとなっている。

 台数の多さでいえば、軽自動車も含むトータルの年間販売ランキングで1位となったホンダ「N-BOX」の方が19万5984台とインパクトが大きいが、トヨタの“一人勝ち”は、単に「新車がよく売れた」というだけではない。その中身も注目に値するのである。

アルファードが販売好調の理由

 以下のグラフは、販売台数が多いトヨタ車の中から特に注目に値する車種を抜粋して、2020年の月別販売台数の推移を示したものである。

アルファードもRAV4もカローラもよく売れる…トヨタ一人勝ちだった2020年の新車販売事情の画像2

 まずは「アルファード」に注目してもらいたい。9月以降は、それまでより“一段上”といっていいレベルでグラフが安定している。2020暦年での月販平均台数は7562台だが、9月から12月の4カ月は9650台と、約2000台の上乗せとなっている。

 トヨタは5月に全店舗での全車種併売化を行い、原則どの店でも、一部車種を除くすべてのトヨタ車を購入できるようになった。アルファードも、5月以降はそれまで専売だったトヨペット店に加え、トヨタ店、カローラ店、ネッツ店でも購入できるようになった。販売する店舗が増えたこともあり販売台数は急伸し、お盆休みなどで稼働日が少ない8月にいったん下降したが、9月以降は再び販売台数を戻している。

 ちなみに、「ヴェルファイア」の2020年の月販平均台数は約1500台と、年初から年末まで低空飛行の傾向は変わることがなかった。ゆくゆくはアルファードに一本化されるともいわれているので、すでに生産および販売の集約化を進めていたようである。

 販売現場では、9月あたりから「アルファードを積極的に販売するように、と言われるようになった」という話を聞くようになった。

「アルファードは中古車でも高い人気があり、リセールバリューが良いので、残価設定ローンを組むと残価率が良く、ノア系(ノア、ヴォクシー、エスクァイア)でローンを組んだときの月々支払い額に少し上乗せするだけでアルファードに乗れる(特別仕様車ぐらいなら)とお客に勧めると、かなりの割合でアルファードを契約する」とは現場のセールスマン。

 全店併売化でカローラ店がアルファードの扱いを始めたことも、販売台数急伸に大きく影響しているようだ。「まずはエスティマに乗っておられるお客様へ、アルファードへのお乗り替えを勧めていきました。販売促進する前に、エスティマのお客様からも“待っていました”とばかりにアルファードへ乗り替えるケースも目立ちました」との話も、販売現場で聞いたことがある。

 単に台数が売れるだけでなく、アルファードの購入ではローン、それもフルローンを組むケースがほとんどとのこと。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合