NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

与党議員は深夜の銀座クラブ通い、野党は大声ヤジで飛沫拡散?情けない永田町の「非常識」

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

与党議員は深夜の銀座クラブ通い、野党は大声ヤジで飛沫拡散?情けない永田町の「非常識」の画像1
国会議事堂(「Wikipedia」より)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 国会における不祥事は過去にもたくさんありますが、新型コロナに関するものはなんだか情けないですね。最近、気になった報道の見出しだけ挙げておきますと、「緊急事態宣言下、麻生側近議員が23時まで『イタメシ』と『銀座クラブ』をハシゴの証拠写真」(1月26日付デイリー新潮)、「公明党のホープ・遠山清彦前財務副大臣『深夜に銀座高級クラブ』で党から厳重注意」(同日付文春オンライン)……。

 国民には「自粛」を要請しておいて、これでは本当に次の選挙がどうなるかわかりませんよ。

大声ヤジで飛沫が心配な国会内

 情けないネットニュースが話題になった26日夜は、衆議院本会議で今年度の第3次補正予算案の採決が行われました。自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、同案は参議院に送られました。コロナ対策がメインで、第2次補正予算の「Go To」関連は事業自体が休止しているので意味ないのですが、菅義偉首相はまだこだわっている感じでした。

 補正予算は年度末の3月末までに使い切らないといけないのですが、今予算が下りても3月末までには終わらない対策もあるかもしれません。それなら執行時期の延長も同時に審議すべきだと思うのですが、役所というのは前例や慣例にとらわれすぎです。

 予算の執行時期をずらすことができるのは「非常事態」のときに限られるそうですが、未知のウイルスが驚異的な感染力で蔓延していて、国際的にも未曽有の事態と言われている今が非常事態でないのなら、どういう状況が非常事態なのでしょうか。

 それに、予算が余っているなら、困窮している事業に回すとか、もっと柔軟に対応すべきです。こんなときに「前例主義」の弊害に苦しめられるなんて……。効率の悪い仕事ぶりを間近で見て、自分の非力を嘆いています。

 第204回国会は1月18日から始まっていますが、今回の予算委員会はスキャンダル追及は少なめで、やっぱりコロナ関連が中心でした。神澤が憤りを感じたのは、委員室内にいる国会議員の態度です。一見するとマスク着用でルールを守っているように見えますが、まだ大声でヤジを飛ばす議員が少なからずいるんです。コロナは飛沫感染が問題になっているのに、なぜなのでしょう?

 大相撲をはじめとして、イベントは無観客にしたり入場者数を減らしたりして、国が定めたルールを守っています。主催者側も参加者側も感染予防を徹底して、声を出さずに応援していますし、マスクをつけて消毒をこまめにするなど、窮屈な思いをしながらも、できる範囲でがんばっています。

 それなのに、会食のルールを破るばかりか、国会で大声を出すなんて、びっくりしますよね。こういうときこそ、プラカードが大好きな野党議員が「声は出さないでください!」とか「静かに傍聴しましょう」などと書いて掲示すればいいのに……と思いましたが、あの声は野党議員だったような気もします。

 とにかく、国会議員は国民の手本となる立場だということを自覚してほしいです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合