『桃太郎電鉄』4年ぶり新作が驚異的ヒット、3つの意外な理由…元ファンが親世代にの画像1
『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』(サイト「Amazon」より)

 1月8日、コナミデジタルエンタテインメントは、2020年11月19日に発売したNintendo Switch用ゲーム『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』(以下、桃鉄令和)のダウンロードを含む累計販売本数が、200万本を突破したと発表した。

「桃鉄」の愛称で親しまれている桃太郎電鉄シリーズは、双六をベースとしたボードゲーム。あらかじめ設定した年度の間サイコロを振って目的地へと向かい、物件の購入による収益や目的地到着の援助金で資産を増やし、最終年度での総資産額1位を目指すというルールとなっている。

 1988年12月2日にファミリーコンピュータ(ファミコン)用ソフトとして発売された第1作『桃太郎電鉄』から20年近く、ほぼ毎年新作が発売されていた桃鉄シリーズ。だが、2010年のニンテンドーDS用ソフト『桃太郎電鉄WORLD』でシリーズ展開が途絶え、桃鉄令和までに家庭用ゲーム機のソフトとして発売されたのは、2016年のニンテンドー3DS用ソフト『桃太郎電鉄2017たちあがれ日本!!』だけだった。

 4年ぶりかつ継続的なシリーズ展開がされていなかったなかでの新作ながらも、見事に大ヒットを記録したわけだが、はたして好成績を収めた要因はどこにあったのだろうか。ゲームコラムニストの卯月鮎氏に話を聞いた。

業界関係者も予想外だった桃鉄令和の爆発的なヒット

 そもそも、桃鉄はどういった部分が支持を得ていた作品だったのだろうか。

「『桃太郎電鉄』はもともと、1987年に発売された『桃太郎伝説』というRPGのスピンオフ作品で、当時は友人や家族と集まって大人数で遊べるファミコンのボードゲームが少なかったこともあって、発売されるやいなや注目を浴びました。

 カードを使った戦略の要素と、止まったマスで起こるイベントやプレイヤーに不幸をもたらす貧乏神など、運の要素のバランスが絶妙で逆転が起きやすく、どのプレイヤーにも見せ場ができることが支持されてきた理由ですね。鉄道で日本全国を巡るというテーマの身近さや、テレビゲームに不慣れな人でも参加しやすいゲームシステムも親しまれた要因でしょう。

 今回の最新作も基本的なルールや登場キャラクター、逆転に次ぐ逆転が起こるゲーム展開などシリーズ定番の要素が踏襲されています」(卯月氏)

 桃鉄令和の発売前、ゲーム業界内ではここまでの大ヒットになると予想されていたのだろうか。

「2020年のクリスマス・年末商戦に発売が予定されていたソフトのなかにパーティゲームが少なかったということもあって、ある程度手堅い売上を記録するだろうと予想はされていました。ですが、いきなりミリオンを超えると考えていた人は相当少なかったように思いますね。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合