リクルートの変貌、“インディード効果”で時価総額4倍…世界最大の求人情報サイトにの画像1
「インディード HP」より

 リクルートホールディングス(HD)は、出木場久征(いでこば・ひさゆき)氏が4月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。峰岸真澄社長(57)は代表権を持つ会長兼取締役会議長に就く。東証株価指数(TOPIX)を構成する時価総額1兆円以上の企業で、最年少の社長が誕生する。

 社長交代は9年ぶり。出木場氏は2012年に米求人検索サイト、インディードの買収を主導し、同社のCEOとして成長させた実績をもつ。日本企業の巨額買収が目立つが、成功した案件は少ない。このなかでインディードは海外M&Aの成功例として挙がる。インディードは今やリクルートのドル箱。「人材業界のグーグル」と呼ばれる巨人に大化けした。

峰岸社長と二人三脚

 出木場氏は1975年4月22日、鹿児島県の生まれ。実家は瓦屋。「丸の内周辺では、僕が一番上手に瓦を葺けるサラリーマンだと思います」と語っている。早稲田大学商学部に進学。1990年代後半のインターネットの黎明期で、早大に在学中からインターネットビジネスに励んだ。卒業後、99年、リクルートに入社。最初の配属は「カーセンサー」の営業代理店への出向だった。Webサイトを運営した経験を活かし、顧客の車が売れるような情報を提供した。顧客に積極的にコミットする姿勢が評価され、全社表彰を受けたこともある。

 リクルートでキャリアを積んで起業する社員は多い。出木場氏も起業するつもりだった。「退職してネットビジネスをやる」と申し出たときの上司が峰岸氏だった。「お金(を稼ぐことだけ)ではなく、もっと大きなことをやってみないか」と諭された。ここから峰岸氏との二人三脚が始まる。

 リクルートは営業成績がものいう“営業優先”の会社だが、出木場氏はネットビジネスで頭角を現した。宿・ホテルの予約サイト「じゃらん」や美容院・美容室の予約サイト「ホットペッパービューティー」のオンライン予約システムを発案した。

 2012年に大きな転機が訪れた。峰岸氏が社長兼CEOになったからだ。「北米やアジアで人材派遣会社のM&Aを検討する。広告からオンライン企業に脱皮させ、ITを基盤にしたビジネスモデルを進化させる」と峰岸社長は宣言した。出木場氏は、この時、最年少でリクルートの執行役員R&D(研究開発)、グローバル本部・アジアジョブボードに就任した。

965億円でインディードを買収

 峰岸社長・出木場執行役員コンビの初仕事が、米インディードの買収だった。同社は2004年11月、ITベンチャー起業家によって設立され、クリック型報酬求人広告のネットワークを開始した。日本では2009年11月からサービスを始めた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合