NEW
病まない会社はこうつくる IT企業のメンタルヘルスマネジメント(1)

メンタル不調が起こる社会的背景とIT業界特有の要因

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , , ,

メンタル不調が起こる社会的背景とIT業界特有の要因の画像1
『IT技術者が病まない会社をつくる』(言視舎/浅賀桃子)

 急激な社会の変化や過重労働、人間関係など、さまざまな理由からメンタルを病んでしまう人が増え続けている。その中でも、IT技術者は比較的「病みやすい」環境に身を置いているため、メンタルのケアをしっかり行わなければいけない。

 この連載では、カウンセラーでありベリテワークス株式会社代表の浅賀桃子氏が執筆した著書『IT技術者が病まない会社をつくる』(言視舎刊)を通して、IT企業におけるメンタルヘルスマネジメントを紐解いていく。そして、IT業界特有の病んでしまう環境、メンタル不調者が出づらい組織の特徴、どんな組織をつくっていけばいいのか、事例を交えながら「病まない会社」づくりをサポートしていく。

IT業界はメンタル不調になる要因が一際多い

 その第1回のテーマは、メンタル不調が起こる社会的背景とIT業界特有の要因だ。

 厚生労働省の「平成29年労働安全衛生調査(実態調査)」によれば、過去1年間にメンタル不調によって連続1カ月以上休業した従業員は、全体で0.4%。産業別に見ると、IT業界が含まれる情報通信業が1.2%と、最も高い割合となっている。

 確かにIT業界は「3K(キツい、厳しい、帰れない)」といったイメージを持たれていた。実際、情報通信業において、長時間労働の問題は特に目立っている。厚生労働省が2016年に公開した「過労死等防止対策白書」によれば、正規雇用従業員の月間時間外労働時間が20時間超と回答した企業の割合は、情報通信業で53.7%と、業種全体の平均(25.4%)を大きく上回る結果となった。

メンタル不調が起こる社会的背景とIT業界特有の要因の画像2
『IT技術者が病まない会社をつくる』(言視舎/浅賀桃子)

 また、この1年間は世界的に流行している新型コロナウイルスの影響によって、社会が大きく変化し、見通しのつかない日々を送ることを余儀なくされている。特に2020年4月に一度目の緊急事態宣言が出され、多くの企業が在宅勤務(リモートワーク)を推奨するようになった。

 もちろん、通勤がなくなることのストレス軽減はあるが、一方で「コロナうつ」といった言葉が登場した。いつ収束するかわからない不安や、オンオフの切り替えができなくなったこと、外出自粛のストレスがきっかけとなって、心のエネルギーが低下していくというものだ。

 しかも、この変化は「急に」起きたものであり、適応できないまま新しい生活様式を実践せざるを得なくなったという人も多いだろう。そうした背景が、心を病んでしまうことにつながるのだ。

「多重下請け構造」「客先常駐」…IT業界で働く人たちのメンタルを追い込む構造

 IT業界で働く人たちのメンタルを蝕む業界特有の要因は他にもある。浅賀氏は、その業界構造に問題があることを指摘する。

 IT業界の中でも、多くの会社数を占めている「受託開発ソフトウェア業」。ここには独特の業界構造があるというのだ。その一つが「多重下請け構造」である。

 受託開発においては「下請け構造」が用いられる。これは依頼主(顧客企業・官公庁)から元請け、二次受け(1次下請け)、三次受け(2次下請け)と仕事が下っていく構造だ。元請け企業は顧客と直接やりとりをするため、要件定義やシステム設計・見積もりといった上流工程を担当することが多い。一方、下請け企業は開発をはじめとする下流工程を担当する。

『IT技術者が病まない会社をつくる』 IT業界に朗報! コロナ禍の中、メンタルヘルスに配慮しながら、業績をアップできる組織には何か必要か? IT事業について、現場・人事・経営者の3つの視点を兼ね備えたカウンセラーとして高評価を得ている著者が、キャリア・メンタル双方の側面から、組織づくり・管理法を提案する。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合