NEW
小林敦志「自動車大激変!」

ダイハツ、ハイブリッド軽自動車を投入でスズキと激突か…N-BOXのホンダは出遅れの危機

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

ダイハツ、ハイブリッド軽自動車を投入でスズキと激突か…N-BOXのホンダは出遅れの危機の画像1
ダイハツ工業本社(「Wikipedia」より)

 2020年10月26日に開会した臨時国会における、所信表明演説での菅義偉首相の“2050年カーボンニュートラル宣言”と、同年12月に経済産業省が2030年代半ばまでにガソリン車の販売を禁止し、電動車のみとすることを検討しているという報道は衝撃的であった。

 いつもなら“弱者救済”などとして“軽自動車は対象外”となりそうなのだが、今回は“軽自動車も例外視しない”とのこと。報道では、電動車については、HEV(ハイブリッド車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、BEV(純電気自動車)、FCEV(燃料電池車)が含まれるとされるが、世界市場での電動化の動きを見れば、イギリスでは2035年にHEVすら販売禁止にすると表明しているので、日本の車両電動化の動きもBEVをメインとしたものにならざるを得ないだろう。

 登録車なら、まだHEVはけっこうな割合で各メーカーがラインナップしているので、そこからのステップアップでBEVへ舵を切るというのはあり得る話だが、HEVも満足にラインナップが進んでいない軽自動車では、まずHEVの普及が急がれるところだろう。すでに軽自動車販売の世界では、ユーザーの電動ユニットへの興味の高さが販売実績に出てきていると言っても過言ではない状況になっている。

軽乗用車ではスズキがダイハツをリード

 2021年4月1日に、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は2021年3月単月の軽自動車販売台数速報値を発表するとともに、2020事業年度(2020年4月~2021年3月)締めでの年間販売台数の速報値も発表した。それによると、ダイハツが54万9409台なのに対し、スズキが53万9396台となり、ダイハツが2020事業年度締め年間販売台数においてトップとなった。その差は1万13台、2019事業年度締めでもダイハツがトップであったが、2位のスズキとの差は3万3918台だったので、“トップ死守”というイメージがより強い結果となった。

 軽自動車全体ではトップを死守したダイハツであるが、軽乗用車のみで見ると、ダイハツが40万4446台なのに対し、スズキが41万9966台となり、1万5520台差をつけてスズキがトップとなっている。2020事業年度の各月の販売台数推移を示したグラフを見ていただければわかる通り、軽乗用車ではたびたびスズキがトップとなり、軽乗用車事業年度締め年間販売台数でトップとなっている。

ダイハツ、ハイブリッド軽自動車を投入でスズキと激突か…N-BOXのホンダは出遅れの危機の画像2

 年後半にダイハツが巻き返しているように見えるが、これは暦年(2020年1月~12月)締め年間販売台数でのトップ死守を狙った自社届け出(主に販売実績の上積みのために、ナンバーのついていない在庫車にディーラー名義などでナンバーをつけた車両であり、これが中古車市場に未使用中古車として流通する)を積極的に行ったからではないかと考えられる。

 軽乗用車では、なぜスズキがリードを取れるのか? 主に軽自動車を扱う未使用中古車専売店へ行ったときのこと。ナンバーだけついている各メーカーの未使用中古車が並んでいるので、「どのメーカーが人気ですか」と聞いたら、「スズキが、ハイブリッドということもあり人気が高いですね」とのことであった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合